ケニー・オメガ「“エモーショナルな試合”こそ美しくてクールだ」 – BIGLOBEニュース

Home » ブランド » オメガ » ケニー・オメガ「“エモーショナルな試合”こそ美しくてクールだ」 – BIGLOBEニュース
オメガ コメントはまだありません

anan

2017年06月18日 22時00分

カナダのローカル団体からキャリアをスタートさせ、日本の人気インディー団体・DDTでジュニアヘビー級(100kg未満)で活躍。そんなケニー・オメガ選手が、新日本に主戦場を移したのは’14年。昨年は、ヘビー級のトップ選手が集うリーグ戦・G1 CLIMAXに初出場し、外国人として初制覇。超人的なスタミナとスピード、パワーで前代未聞の攻防を展開し、一躍“新日本の顔”となった。

世界を変えることができる。自分が変える、その自信がある。

「新日本プロレスに出はじめたとき、バレットクラブ(外国人レスラー中心のヒールユニット。以下BC)のリーダーはAJスタイルズ(現在は米団体WWEに所属)だった。だからヘビー級に転向して、AJのかわりにBCのリーダーになったとき、特に海外のファンからは色々文句を言われた。お前はAJの二番手だ。ニセモノだ。安っぽい。…日本のファンは、文句は言わなかったが、静かだった。私がエースになると信じてくれなかった。でも、『待ってろよ。ちょっとしたら、本物の、この団体のヘビー級のエースが出てくるぞ』って思っていたんだ」 

ヘビー級転向を宣言して数か月。ケニーの信念は、サイズアップされた体と、スピードはそのままにパワーとスタミナがケタ違いになったファイトスタイルで、見事に証明された。ケニーはプロレス界随一の「アスリート」だと見せつけられた瞬間だった。

「ただ、観終わった後に、“あの技すごかったね”と言われる試合ではなく、感動や興奮を思い出す、“エモーショナルな試合”こそ美しく、クールだと思う。今年1月のオカダとの試合はまさにそうだった。とにかくすごかった! と“興奮”を思い出す試合。そして、危険な攻防だったと言われるけど、私はそういう試合をできるように、体を作ったんだ。レジェンドになるために、誰にも真似できない“ケニースタイル”を確立したんだよ。私は間違いなく世界で一番の選手だし、証明してみせた」

外国人選手という壁は感じる? と聞けば、「残念だけど、ある」。しかし、ヒールという壁もあるはずなのに、ケニーを応援したくて仕方ないファンのムードが、会場でパンパンに膨れ上がっている。

「世界を変えることができると思ってる。新日本をツールに、クールで美しい物語を紡ぎたい。リングの上では何でもできるんだよ」

ケニー・オメガ 1983年生まれ、カナダ・マニトバ州出身。’00年に地元カナダでプロレスデビュー。’08年に初来日し、DDTでジュニア選手として活躍。’14年にDDTを退団し、新日本プロレスに移籍。BCの一員となり、ヒールとして活動。昨年のG1 CLIMAXにて、外国人選手として初制覇を果たす。大のゲーム好き。183cm、92kg。

※『anan』2017年6月21日号より。写真・内田紘倫 試合写真提供・新日本プロレス

(by anan編集部)

コメントを残す