Welcome to Fashion World! アレクサ・チャンと紐解くファッション業界の裏側。(Eri Imamura) – VOGUE JAPAN

Home » ブランド » ポール・スミス(Paul Smith) » Welcome to Fashion World! アレクサ・チャンと紐解くファッション業界の裏側。(Eri Imamura) – VOGUE JAPAN
ポール・スミス(Paul Smith) コメントはまだありません





「ファッション」という言葉から、何を想像しますか? ファッションアイコンのアレクサ・チャンが、一見華やかに見えるファッション業界の知られざる裏側に迫るドキュメンタリーシリーズ『Future of Fashion』。きっと明日から、ファッションの見方が変わるはずです。

ファッション業界の未来は明るい? アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep1【Future of Fashion】

アレクサがまず会いに行ったのは、ロンドンのファッションデザイナー、クリストファー・ケイン(CHRISTOPHER KANE)。彼は「ファッション界の王」と言われる”Next Gen”の成功者の1人ですが、高校の時にファッションデザイナーを目指すと言ったら、先生に「本当の職業じゃない」と反対されたんだそう。しかし、夢を諦めなかった強い意志、目標に向かう努力があって、セントマーチンズの卒業コレクションで最優秀賞を受賞、そこから注目が集まりデザイナーとしてのキャリアをスタートさせています。

「人生は一度きり。挑戦すべきだよ。それで失敗しても別のことを探せばいい。他の人をうらやんでいないで、自分らしく思い切って挑戦してみてほしい。」クリストファーからの素敵なメッセージは、デザイナー志望の人にも、そうでない人にも心に強く突き刺さります。

名門セント・マーチン学生の本音とは? アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep2【Future of Fashion】

Googleの調査によると、ファッションに関して多く検索されている内容として「デザイナーになる方法」と「ブロガーとして稼ぐ方法」、「デザイナーはリッチなの?」なんだとか。今回アレクサが訪れたのは、イギリスが誇る芸術大学の名門、セントマーチンズ。卒業を目前に控えた学生たちに、ファッション業界に対するイメージを率直に聞いています。「ファッション業界には意地悪が多いの?」「ファッションを学ぶにはお金がかかる?」その興味深い質問の答えは、ぜひ本編でご覧下さい。



SNSが変えた女性のボディイメージとは? アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep3【Future of Fashion】

このエピソードで印象深いのは、「ファッション心理学」という学問が存在すること。「ファッションが人の心理に与える影響はとても大きいのに、今まで研究されてこなかった」ということに端を発した学問です。ファッションは、1つのコミュニケーションツールでもあります。人に与える印象、それを纏う人の心理など大いに関係がありそうです。

バイヤー、デザイナーになるには? アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep4【Future of Fashion】

今回は、ロンドンデザイナーの巨匠、ポール・スミス(PAUL SMITH)が登場。「ファッションは常に変化し、完成することはない」と語っています。厳しいファッションの世界ですが、このファッションの醍醐味こそ、今なお第一線で挑戦を続ける彼の原動力になっているような気がします。

アレクサも気になるバイヤーの仕事に関しては、セルフリッジズのディレクター、ジャド・クレーンにインタビュー。たくさんのファッションアイテムを買い付ける夢のような仕事で、ファッション業界の中でも人気の高い職業です。「僕らの仕事は、お客様に新たな環境を提供すること」と話す彼。このムービーを見た後、どこかのセレクトショップやデパートのファッションフロアを訪れたなら、少し見方が変わるかもしれません。

クロエのデザイナーが語る、女性リーダーの在り方とは? アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep5【Future of Fashion】

映画『ディオール(DIOR)と私』(2015)を手がけた監督、フレデリック・チャンと、ジャックムス(JACQUEMUS)のデザイナー、クロエ(CHLOÉ)のデザイナーであるクレア・ワイト・ケラー。この3人が共通して語るのは、ファッションはとても人間的であるということ。上辺だけのものと偏見を持たれがちなファッションですが、その裏側にはたくさんの作り手の感情など、人間的なものが投影されていることがわかります。そして、その時代を表すファッションは社会と深く結びついている一方、ファッションが人々の価値観を変え、社会にも影響を与えているのです。その奥深さを映画という形で表現した監督、ファッションの世界の真っ只中で活躍するデザイナーたちの言葉は、ファッションが持つ力を感じさせてくれます。

バルマンのデザイナーと語るファッションの現在・過去・未来。 アレクサ・チャンと紐解くファッションの世界。|Ep6【Future of Fashion】

バルマン(BALMAIN)のデザイナーを務める、オリヴィエ・ルスタンは、老舗ラグジュアリーブランドに、25歳という若さで抜擢されたスターデザイナー。「ブランドが持つ歴史やDNAを解釈し、ブランドから多くを学び、お返しにすべてを捧げている」という言葉通り、彼はバルマンのフィロソフィーに今の時代感を上手く取り入れ、新しい形で発信を続けています。パワーのあるアイコンを起用することでも知られていますが、そこには女性の美しさの多様性に対するメッセージがあるようです。

アレクサも「ファッションの楽しみ方はショーを見ることだけじゃない。ファッションには、好きな自分に変えてくれるパワーがある」と語ります。ファッションの奥深さを教えてくれるこのシリーズ、ファッション好きもそうでない人も必見です!

Back Number バックナンバー



コメントを残す