自社ブランド生んだ「蛟龍得水」 – ニコニコニュース

Home » 百貨店 » 自社ブランド生んだ「蛟龍得水」 – ニコニコニュース
百貨店 コメントはまだありません



オンワードホールディングス会長 廣内 武
プレジデントオンライン

■照準は「25歳女性」名前は日本語で

1991年5月5日、欧米への「弾丸出張」に出た。ひと月前に常務に昇格し、レディス事業本部長となっていた。その際、紳士服事業本部長とともに、社長に「海外デザイナーのブランド品を輸入したり、ライセンスを得て生産したりという時代では、もうないかもしれない。時代に合った日本発のブランドをつくれないか、考えてくれ」と言われていた。

出張には、部下の幹部2人を連れていく。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークとファッション最前線を視察し、最新情報を聴いて回り、1週間弱で帰国した。48歳。疲れを心配されたが、30代で海外事業部長を務め、過密な日程には慣れていた。というより、それまで海外ブランドの国内生産を立ち上げ、軌道に乗せることに打ち込んでいたから、久しぶりの海外は「水を得た」の感もある。沸々と、力が湧いてきた。

別に、海外の先端的な動きを採り入れよう、としたのではない。新鮮な刺激に触れながら「90年代という時代に合った日本発のブランドとは?」を、考えたかった。

答えは、意外に簡単に出た。

1人のデザイナーの品だけの店に、もう集客力はない。むしろ、コンセプトや味わいを統一した様々な品がある店に、人は集まる。そして、カジュアルな商品が、成熟した社会で主流になっていく。

同行した2人も、頷いた。

では、具体的にどんなコンセプトにすべきか。少数のメンバーを選び、議論を重ねさせる。「賢い消費者は、もう高額なブランド品を追いかけない」「それより、価格と品質のバランスを重視する」「自分のおカネで服を本格的に買い始めるのは、20代半ばだ」。バブル崩壊後の時代を貫く新ブランドのイメージが、徐々に形成され、「90年代の市場を主導し、成長の核となるのは25歳を中心とする若い層。その新たなライフスタイルに即したカジュアル製品を、生み出そう」と固まった。

11月には見本ができ始めたが、まだ社内では新ブランドを「X」と呼び、名前は付いていない。でも、百貨店のバイヤー向けの内覧会は、翌年の2月14日と決める。自社のアメリカンフットボールチーム「オークス」が、社会人選手権で優勝し、祝賀会をする日だ。バイヤーたちを招待しても、勘ぐられる心配はない。

その1カ月前、紳士服事業本部長とともに、何度か社長に呼ばれた。ブランド名を決めるためだ。洒落た外国語や、外国語を漢字で書いた名をいくつも持っていったが、社長は満足しない。最後には「違う、日本語名にしよう」と言われ、婦人服は「組曲」、紳士服は「五大陸」に決まる。

もう1つ、自分がこだわった点もある。「組曲」には、ジャケット、スカート、パンツ、シャツ、セーター、雑貨類など、多数の商品を開発した。その百貨店での売り方に、持論を通す。

当時は、同じ種類の商品を、多数のブランドから並べた「平場」で売るのが、全盛だった。でも、以前から「ブランドはあちこちに分散させず、顔となる売り場をつくるべきだ」と考えていた。ブランドイメージを構築し、浸透させて価値を最大化するには、1カ所に同一ブランドのいろいろな商品を集めた「箱」で売りたい。前号で触れた東京・代官山にゴルチエブランドの「こだわりの店」を開いた際の経験から、「いつか、そうやりたい」と思っていた。

ただ、「箱」が力を付けるには時間がかかるから、百貨店側は嫌がる。だが、社長にレディス事業本部長を命じられ、新しい自社ブランドをつくろうと言われ、その「時と場」がきた。侃侃諤諤たる社内外の議論を押し切り、突破力を発揮する。

■業界を驚かせた百貨店に「広い箱」

92年8月27日、先行した東京・上野の「1号店」に続き、全国28の百貨店で「組曲」を発売した。目玉は、伊勢丹の新宿店にできた「箱」だ。広さは30坪。業界中が驚いた。若い女性層に高い支持を得て、各社がしのぎを削って納品を競っていた同店では、考えられない広さだった。実現には、宝飾部門を長く担当し、美的感覚が鋭く、伊勢丹に高く信頼されていたベテランの応援も、得た。

ちょうど、40代が終わるときだった。「組曲」は、いま全国の280店余りで販売され、年間に100億円の売り上げがある。

「蛟龍得水、而神可立也」(蛟龍水を得れば、神立つべし)──蛟龍は「水の霊」とされる想像上の動物で、水を得れば超越した力を発揮する、との意味。中国の古典『管子』にある言葉で、優れた人は時節さえ得れば大いに力を発揮し、拠って立つ所を築くと説く。ファッション界に新潮流が生まれる時機に、持論のブランド論で商機を開き、経営基盤を固めていった廣内流は、この教えに通じる。

90年代半ばには専務になってメンズ事業本部長を経験し、東京・芝浦にある東京店の店長として営業戦略の指揮官も務め、97年3月に社長に就任。8年後に会長となり、07年に設立した持ち株会社のオンワードホールディングスの会長兼CEOにもなって、グループ全体の指揮を執り続けてきた。

無論、世代交代は進めてきた。ファッション事業では、時代に即した感性が重要だ。そして、それぞれの時代に育った人の感性は違い、年月が過ぎると、年長者はなかなか入っていけなくなる。だから、新しい時代に育った人の発想に期待し、具体的な事案は次世代の面々に委ねてきた。

だが、デフレの長期化、消費者の節約志向など、「組曲」を生み出したときの想定を超えた現況がある。食のように「高くても美味しければいい」と「手軽に安く」という二極化の流れに乗るとしても、両者の中間的な領域で長く生きてきた会社だから、簡単ではない。その中間的な領域がなくなってしまうとも、言い切れない。

しかも、衣料品の買い物が単独で完結する例が減り、エンターテインメントやイベントを楽しみ、食をも含めた時間と空間の中で、勝負していかねばならない。ITを駆使できる若い突破力も大事だが、豊富な経験が物を言う部分が増えているのではないか。どうも、再び「蛟龍得水」を求められている気がする。

2015年5月、代官山に500坪の土地を取得し、「将来のオンワードの発信基地にする」と公表した。あの「こだわりの店」の近くだ。プロジェクトチームをつくり、自らリーダーとなる。メンバーと何度も現地へ足を運び、いろいろな時間帯の姿を想像する。一方では「韓国のホテルの朝食がすごくいい」と聞くと、すぐに飛んで食べてみて、ヒントを捜す。

でも、変化のスピードがすごい時代だから、いま「いいな」と思っても、開業時にはわからない。2018年9月に開業すると表明したから、具体的な中身は、この夏までに決める。衣料を売るだけではなく、飲食やイベントを組み合わせるが、何よりもファッションと文化・芸術に力を入れたい。

人が訪ねてきて、心地よいと思ってもらい、もっといたくなり、またきたくなる。そんな空間を、つくりたい。だから、外観も単なる四角い建物ではなく、独自性のある建物にした。5階建てで、もう着工した。これが、最後の「蛟龍得水」になるのかもしれない。

———-

オンワードホールディングス会長 廣内 武(ひろうち・たけし)
1942年、高知県生まれ。65年早稲田大学法学部卒業、樫山(現・オンワード樫山)入社。85年取締役。91年常務、94年専務、97年社長、2005年会長。07年持ち株会社「オンワードホールディングス」を設立。11年会長兼社長。15年より現職。

———-





コメントを残す