ナイキとピガール、イル・スタジオが制作。パリの市街地に現れた、まるでCGのようなバスケットボールコート – エキサイトニュース

Home » ブランド » エルメス(Hermes) » ナイキとピガール、イル・スタジオが制作。パリの市街地に現れた、まるでCGのようなバスケットボールコート – エキサイトニュース
エルメス(Hermes) コメントはまだありません

パリの市街地にまるでCGのようなバスケットボールコートが出現した。この作品はフランスのファッションブランド、ピガール(Pigalle)とデザインエージェンシー、イル・スタジオ(ill studio)によるコラボレーションであり、ナイキのサポートを得て発表された。

ピガールはステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)が手がけるファッションブランドで、現在ナイキとタッグを組んだピガール・バスケットボール・コレクションを発表しており、こちらも話題だ。イル・スタジオは2007年にトーマス・サブレヴィーユ(Thomas Subreville)とレオナルドバーネット(Leonard Vernhet)の2人により設立された。彼らはこれまでにルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)、シャネル(CHANEL)、エルメス(HERMES)、シュプリーム(Supreme)など名だたるブランドとのコラボレーションを発表し、世界中で作品展示を行ってきたそうだ。

今回発表されたバスケットコートは、実は2度目のコラボレーション。前回は2年前の2015年、同じ場所にて行われた。前回の赤、青、黄色、白を用いた直線的ですっきりしたデザインから打って変わって、再度デザインを行い上から塗られた新たなデザインは、ダークなカラーからピンクなどビビッドな色も用いたグラデーションを施したもので、がらりと印象が変わった。

コメントを残す