パンドラの箱を開けるな – GQ JAPAN

Home » ブランド » オーデマ・ピゲ » パンドラの箱を開けるな – GQ JAPAN
オーデマ・ピゲ コメントはまだありません

GQ TALK──Girls Like Expensive Watches

パートナーといっしょに楽しめる趣味があるのは幸せなことだ。が、趣味が時計となってくると事情が変わってくる、と時計ジャーナリストの広田雅将は警鐘を鳴らす?

By Masayuki Hirota
Illustration: Osushi Muroki

正確に書くともめるので、あえてぼかすことにする。長年の友人に某がいる。社会的には極めて真っ当、お子さんもきちんと育ち、時計を見る目は僕よりずっとあるから、羨ましい限りの人である。唯一の弱点は恐妻家であることで、彼はさまざまな時計を買ってきたにもかかわらず、「妻には隠している。見つかると大変なことが起こる」と深刻に語っていた。確かに、奥さんが、彼が時計に費やしてきた金額を知ったら、一家崩壊どころではなくなりそうだ。

まわりの時計愛好家は、大体似たり寄ったりだ。A氏は時計好きであり、ある分野における第一人者であるが、20万円のジンを買うかどうかで真剣に迷っていた。彼の収入を考えれば、まったく問題のない金額だ。しかし「妻にバレると絶対にまずい!」のだという。彼はそのジンを買ったのだが、結局、会社の机に隠しているらしい。

恐妻をもつ彼らの多くは、しばしばこう語る。「時計趣味に理解がある奥さんや彼女がいればよかった」と。しかしこれこそ、隣の芝生は青く見える、だろう。個人的な見解を言うと、女性が金のかかる趣味に理解を示して、ろくな結果を招いたことがないのである。理由は明白で、男よりも女性の方が、モノを見る目を持っているからだ。女性に比べれば、男の審美眼なんて、太陽の前の月でしかない。

私ごとを話したい。昔付き合っていた彼女は、時計に対して知識も関心もなかった。しかし暇な時に時計の話をしていたら、やがて時計を見て、「これはパテック フィリップのカラトラバでしょう?」などとほざくようになった。それだけではない。女性誌をめくって、「これはいい時計じゃない?」と指さしたのを見たら、なんと300万円もするオーデマ ピゲだった。いい時計を選ぶなと感心したが、あのまま付き合っていたら、間違いなく破産していただろう。

コメントを残す