フランク ミュラー 世界初への挑戦 代表作トノウ カーベックスの原点:時事 … – 時事通信

Home » ブランド » フランクミュラー » フランク ミュラー 世界初への挑戦 代表作トノウ カーベックスの原点:時事 … – 時事通信
フランクミュラー コメントはまだありません

[ワールド通商株式会社]

ブランド創設25周年を記念し、幻の初期モデルを再製作したアニバーサリーウォッチが8月10日(木)より全国発売開始


フランク ミュラー ブランドの原点であり、トノウ カーベックスの原点でもある “2851”コレクションが8月10日(木)より全国発売を開始いたします。

フランク ミュラーの代名詞ともなった“トノウ カーベックス”の誕生は、ブランド創設の1992年を更に6年ほどさかのぼります。当時28歳のフランク ミュラーは日々、“世界初”の複雑機構を創出することに没頭していました。しかし、そんなある日、親しいコレクターの奥様から「ラウンドではなく、あなた独自のデザインの時計を…」と依頼を受けます。世界初の複雑機構でも物足りないという難題にフランク ミュラーは“フォルム”においても“世界初”を成し遂げることが新たな目標となりました。それが球体から切り出したような3次元曲線を有するトノウ カーベックスの起源です。平面的なトノウ型とは全く別のものとなった立体的なフォルム、のちにブランドのアイコンともなるビザン数字もこの時に初めて製作します。小さなきっかけとフランク ミュラーのただならぬ情熱の交差の元に生まれたそのオリジナルシェイプは、わずかな期間しか生産されませんでした。

時代を超えて再製作されたオリジナルシェイプ“2851 ”コレクションのトノウ カーベックスはアニバーサリーイヤーに相応しい逸品です。

さらに女性に手渡したそのトノウ カーベックスの処女作には、永遠の時を刻む“パーペチュアルカレンダー”と時刻を音色に変える“ミニッツリピーター”が搭載されていました。フランク ミュラーは世界初という偉業を成し遂げながらも、期待に胸を膨らませる女性の為にロマンや優雅さに溢れた複雑時計の時の形は、天才時計師の名を不動のものにしたに違いありません。

誰よりも時を愛し、固定概念と闘ってきた正真正銘の創造者ならでの作品は、後世まで語り継がれることでしょう。処女作ならではの繊細な細身のフォルム、放射状にデフォルメされたビザン数字の美しさ、まるでたった今溶け出したかのように手首に吸い付くような着用感、まるで花のつぼみのような、開花も予感させる初々しさがありながら、漂う色気は、まさに色褪せない世界初の美しさをまとっています。
モデル名:CINTRÉE CURVEX RETROGRADE SECOND 25th
ムーブメント:手巻き
表示:時、分、6時位置にレトログラード式スモールセコンド
ケース:18K イエローゴールド/18K ホワイトゴールド
ケースサイズ:縦: 45mm×横: 30mm
ストラップ:クロコダイルストラップ
価格:¥2,500,000-(25本限定)
モデル名:CINTRÉE CURVEX PERPETUAL CALENDAR 25th
ムーブメント:自動巻き
表示:時、分、永久カレンダー
ケース:18K イエローゴールド/18K ホワイトゴールド
ケースサイズ:縦: 45mm×横: 30mm
ストラップ:クロコダイルストラップ
価格:¥5,600,000-(25本)
モデル名:CINTRÉE CURVEX 25th
ムーブメント:手巻き
表示:時、分、6時位置にスモールセコンド
ケース:18K イエローゴールド/18K ホワイトゴールド
ケースサイズ:縦: 45mm×横: 30mm
ストラップ:クロコダイルストラップ
価格:¥2,250,000-(25本限定)
http://www.franckmuller-japan.com/25th2851collection/

企業プレスリリース詳細へ (2017/08/08-13:24)

コメントを残す