銀座三越にパックマンづくしのフロア「PAC-MAN GINZA STYLE」登場 グッズやドリンクを販売 – IGN JAPAN

Home » 銀座 » 銀座三越にパックマンづくしのフロア「PAC-MAN GINZA STYLE」登場 グッズやドリンクを販売 – IGN JAPAN
銀座 コメントはまだありません



東京の繁華街・銀座にパックマンづくしのスポットが登場した。銀座三越では8月12日から21日まで、9階の銀座テラス/テラスコートで「PAC-MAN GINZA STYLE」を開催。昨年からスタートした新ブランド「PAC-STORE」の商品や銀座限定のTシャツなど、120種類以上のグッズを販売している。12日のオープニングには、カリスマ店員として知られるぺえさんとへえさんの”ぺえへえコンビ”が来店して、トークを行い子供たちと一緒にパックマンに挑戦して盛りあげた。

「PACK-MAN GINZA STYLE」メインビジュアル

「幼稚園のころに兄とやりました」。原宿のショップでカリスマ店員として働きながら、テレビなどに出て人気のぺえさんにとって、パックマンは思い出深いゲームのよう。あまり話したことがなかった兄だが、「パックマンをやるときには意気投合していました」。可愛らしさや面白さだけでなく、盤面を食べながら進んでいくゲームの内容に「私の苦い過去のすべてを食べていってくれるようです」と話してくれた。

ぺえさんと同居しながらアイスクリームショップで働くへえさんは、ルーツにあるフィリピンが誇る英雄で、プロボクシングの6階級制覇を成し遂げたマニー・パッキャオを挙げて「あだながパックマンって言うんです」と紹介。パックマンが世界に知られているゲームでありキャラクターであることを改めて紹介してくれた。

「PACK-MAN GINZA STYLE」メインビジュアル

そんな2人は、「PAC-MAN GINZA STYLE」で販売される、「GINZA STYLE」の文字がゲームの盤面に重ねてプリントされているオリジナルのTシャツをそろって着用して登場。ほかにも、ゲーム機の筐体が小さくプリントされているオシャレなワンピースや、ゲームのパッケージに似せたデザインの充電パックなどを紹介して、120種類ものアイテムが揃ったショップをアピールしていた。

オリジナルドリンク、フードなどが楽しめる「PAC-MAN Ginza Cafe」で販売されている「わたあめソーダ」にも触れて、わたあめがソーダでびちゃびちゃにならないようする食べ方を伝授していた。この「わたあめソーダ」は注文するとオリジナルの限定コースターがプレゼントされる。

「PACK-MAN GINZA STYLE」限定メニューのわたあめソーダは購入者に限定コースターをプレゼント

「PAC-MAN GINZA STYLE」のショップには、ほかにもさまざまなデザインのTシャツやオリジナルの缶バッジ、「PAC-STORE」のイラストがプリントされたトートバッグ、パックマンのキャラクターがあしらわれたスカジャンなどが並んでいる。フロアの中にはパックマンをはじめとした懐かしのアーケードゲーム機が並んでいて、子どもは新鮮な気持ちで、お父さんや母さん世代は懐かしさを覚えながら挑戦できる。

懐かしさでは、開発者の岩谷徹さんによる最終仕様書や業務用ゲーム機の基盤、取扱説明書なども展示してあるため、ゲームファンなら立ち寄ってみたくなりそうだ。

岩谷徹さんによるパックマンの最終仕様書

1980年にリリースされ、最も成功した業務用ゲーム機としてギネスギネス・ワールド・レコーズにも認定された人気ゲームのキャラクターがパックマン。このパックマンを元に立ち上がった新ブランド「PAC-STORE」は、パックマンや仲間たちが1980年代のアメリカンテイストを持った中に暮らしていて、そこにオープンしたセレクトショップというコンセプトになっている。

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. collaborated with ASOBISYSTEM, TWIN PLANET





コメントを残す