日本のリレーチームに専門家が可能性見い出す「2年後に金メダルもある」 – livedoor

Home » ブランド » コーチ(COACH) » 日本のリレーチームに専門家が可能性見い出す「2年後に金メダルもある」 – livedoor
コーチ(COACH) コメントはまだありません

400mリレー予選6位から「バトンの修正と応用」で銅メダル…19年大会でアジア初の快挙も

 陸上の世界選手権(ロンドン)は12日、男子400メートルリレー決勝が行われ、38秒04の3位(多田修平、飯塚翔太、桐生祥秀、藤光謙司)に入り、銅メダルを獲得した。昨年のリオデジャネイロ五輪の銀メダルに続き、世界選手権では初の表彰台。予選6位でベストメンバーを欠きながら躍進した理由について、専門家は「バトンパスの修正と応用」を挙げ、「2年後に金メダルもある」と19年大会でのアジア勢初の快挙の可能性を分析した。

「日本チームがリレーに向けて準備してきたものがよく表れたレースだったと思います」

 そう話したのは、アテネ五輪1600メートルリレー代表でスプリント指導のプロ組織「0.01」を主催する伊藤友広氏だ。日本は予選6位通過。「正直、メダルは厳しいのではないか」とみていたという。しかし、イギリス、アメリカに続く3位に入れた理由は何なのか。

 伊藤氏はある数字に着目した。

「予選から決勝でタイムを上げたのは、上位の3チームだけでした。予選の結果を見るとフランスがターゲットになるとみていましたが、桐生選手は予選から引き続き、良い調子だったし、多田選手、飯塚選手は予選よりさらに良い走りをしていたと思います」

 実際、決勝でタイムを詰めたのは、イギリス(37秒76→37秒47)、アメリカ(37秒70→37秒52)と日本(38秒21→38秒04)の3チームのみ。しかも、強豪国は予選で控えメンバーを起用し、決勝で1軍メンバーを投入することはあるが、日本は反対にケンブリッジ飛鳥から自己ベストで劣る藤光を起用した。にもかかわらず、0秒17上げている。

「理由としては、やはりバトンパスです。予選では詰まっていたものが、ほぼ完璧でした。予選の走りを見てメンバーを代えたスタッフの思い切った采配も大きかった。さらに、バトンを渡す距離を予選から広くしていたように見えました。それも含め、選手と総合力で勝ち取ったメダルだと思います」

「0秒17」を縮めたベテランの奮闘と陣営の勝負采配「絶妙にハマった」

 加えて、個々の選手については藤光を称賛した。今大会はリレーの補欠としてエントリー。個人種目の出場はなかったが、31歳のベテランはアンカーという大役を十二分に全うした。

「桐生選手から藤光選手へのバトンパスはこれまでも練習してきていたようですが、それにしてもよく気持ちを切らさず、コンディションを整えていたと思います。しっかりとアンカーを走り切り、補欠でも通常のメンバーにも引けをとらない走りでした」

 一方、伊藤氏とともに「0.01」を主催する200メートル障害日本最高記録保持者の秋本真吾氏は「バトンパスの修正能力が凄い」と舌を巻いた。

「予選で詰まった状態で、しかも決勝から藤光選手を使った。自己ベストで予選より遅い選手が入っても、その中でクオリティを上げてメダルを獲る。日本のバトンパスの完成度が高いから、ほかの選手にも応用できる。ほかの国ではできないことだと思います」

 秋本氏も勝負所で起用した「アンカー・藤光」の日本陣営の采配には驚いたという。

「普通なら予選から走っているメンバーで、安全策を取ると思います。日本としては勝負をかけて絶妙にハマった。走りを見る限り、藤光選手もケンブリッジ選手とそん色ない走りができていたし、結果としてバトンパスで0秒17縮まっていたことになる。そのくらい、ほぼ完ぺきなバトンパスだったと思います」

 ただ、このレースでは世界が驚くアクシデントもあった。

東京五輪で金も…日本は「マインドセットが壊れている。2年後にも可能性ある」

 ジャマイカのアンカー、ウサイン・ボルトが左足を痛め、途中棄権した。「ああいう選手でも、ああいうことが起こるんだなと。走りの技術が高い分、意外性も高かった」と振り返りながら、原因について言及した。

「今大会は全体的に気温が低く、南米の選手にとってはコンディションがうまく合わない部分があったように思います。そういう状況で出力を上げることで、アクシデントも起こり得るのではないでしょうか」

 しかし、その一方で「何が起こるのがわからないのがレースですから」と話し、しっかりと完走し、実力を出し切った日本チームを称えた。これで、世界に衝撃を与えたリオ五輪の銀メダルに続き、2年連続で世界大会で表彰台に上がった。その価値は果てしなく大きいという。

「4人が底上げしていって9秒台を出せるようになれば、東京五輪で金メダルもあると思います。ひょっとしたら、2年後にも可能性はあります」

 秋本氏は20年の自国開催の五輪で表彰台の真ん中に上ることも夢ではないとし、19年の世界選手権ドーハ大会でも可能性を感じるという。

「何よりも走っている本人たちが自信になる。山縣選手、サニブラウン選手ら、代表を逃した選手も含め、リレーメンバーに入ったらメダルを獲れるという自信が芽生えてくる。いい意味でマインドセット(考え方の基準)が壊れている感じ。それによって『俺らもいけるぞ』と新しい選手も出てくる可能性もあります」

 もちろん、世界トップレベルまで差はある。伊藤氏は今後の課題について、こう指摘する。

ボルト引退で短距離界の未来は? 「まず今回の優勝タイムを抜くこと」

「ボルト選手が短距離界を去り、世界のレベルがどうなるか。いずれにしても、東京五輪で金メダルを獲るためには、まず日本記録を更新し、今回の優勝タイムの37秒47を抜くことが求められてくると思います」

 しかし、日本はサニブラウン、桐生、多田、ケンブリッジら、20歳前後の若い選手たちが、いずれも9秒台を出せるポテンシャルを持ち、将来性も抜群だ。

「今後、個々の力は伸びてくる。あと3年あるので、チャンスはいろんな人にある。多田選手が今回、初代表でいきなりメダルを獲得するようなこともあるので、リオ五輪に続いてメダルを獲ったことは選手たちの大きなモチベーションにつながるはずです」

 この日のゴールは東京五輪金メダルへのスタート。史上空前のハイレベルに位置する日本の若きスプリンターたちは、ロンドンで得た収穫を胸に、さらない高みを目指していく。

 ◇伊藤 友広(いとう・ともひろ)

 高校時代に国体少年男子A400m優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され、400m5位、4×400mリレーではアンカーを務めて優勝。国体成年男子400m優勝。アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)を取得。現在は秋本真吾氏らと「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。

 ◇秋本 真吾(あきもと・しんご)

 2012年まで400mハードルの陸上選手として活躍。五輪強化指定選手選出。200mハードルアジア最高記録、日本最高記録、学生最高記録保持者。2013年からスプリントコーチとしてプロ野球球団、Jリーグクラブ、アメフト、ラグビーなど多くのスポーツ選手に走り方の指導を展開。地元、福島・大熊町のため被災地支援団体「ARIGATO OKUMA」を立ち上げ、大熊町の子供たちへのスポーツ支援、キャリア支援を行う。2015年にNIKE RUNNING EXPERT / NIKE RUNNING COACHに就任。現在は伊藤友広氏らと「0.01 SPRINT PROJECT」を立ち上げ、ジュニア世代からトップアスリートまで指導を行っている。

コメントを残す