表参道ロケットで「マイス」が展示会を開催。“少女から女性への曖昧な境界線”を表現した2018春夏コレクション – Fashion Headline

Home » 原宿 » 表参道ロケットで「マイス」が展示会を開催。“少女から女性への曖昧な境界線”を表現した2018春夏コレクション – Fashion Headline
原宿 コメントはまだありません




リメイクをベースにしたファッションブランドのマイス(maice)による2018年春夏コレクションの展示会「vague border」が、9月15日から22日まで表参道ロケット(ROCKET)にて開催される。

WALL原宿&大阪、ぱりゅこ、アクビ(Aquvii)など、感度の高い若者に人気のセレクトショップで展開してきた同ブランド。これまではリメイクの1点物をメインにオンシーズンで展開してきたが、コレクションシーズンでの展開に切り替えたことで1年間活動を休止していた。

コレクションシーズン初となる同展示会では、ブランドコンセプトである“少女から女性への曖昧な境界線”に立ち返り、境界線の中で感じた変化と根底にある変わらないものを表現した。また、これまで同様、1点物の展示と販売に加え、初の受注販売も一部実施。女性なら誰しも心の中に内包している少女性と、大人になった自分との葛藤を描き出したコレクションとなっている。

【イベント情報】
「maice 2018S/S collection『vague border』」
会期:9月15日~22日
会場:表参道ROCKET
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3階
時間:11:00~21:00(17日は20:00まで、22日は18:00まで)
会期中無休
入場無料

上西@HEW





コメントを残す