イベント・リポート「植野有砂トーク・イベント」 – 日豪プレス

Home » イベント » イベント・リポート「植野有砂トーク・イベント」 – 日豪プレス
イベント コメントはまだありません



EVENT REPORT
シドニー各所で行われているイベントを不定期リポート!

Tokyo Style Girl Boss Alisa Ueno

ALISA UENO TALK EVENT 植野有砂トーク・イベント

東京のファッション・カルチャーに関連した複数のイベント「トーキョー・フルーツ」を開催していたジャパン・ファウンデーションで8月30日夜、「トーキョー・スタイル・ガール・ボス」と称した植野有砂さんによるトーク・イベントが行われた。


インスタグラムのフォロワー数は2万5,000人を超え、多くのファンを魅了する有砂さんはアパレル・ブランド「FIG & VIPER」のデザイナーとしても活躍中だ。自身の経験を、読者モデルとしての学生時代からデザイナーとしてのキャリアまで、スライドと共に約1時間半にわたって話した。

会場には、日本人だけではなく、ローカルの人びとも多く来場、座席も追加で設置されるほどの人気ぶりであった。

ファッションと英語

読者モデルを始めて、ファッション感度の高い人びとが周りに増えたことから、自身もファッションに興味を持つようになったという有砂さん。自分の好き嫌いが分かるようになってからというもの、自分に似合うアイテムの判断が付くようになっていったという。高校卒業後、当時のトレンドとなっていた「古着」に関心を持ったことが、現在の「FIG & VIPER」のアイテムをデザインする際のポイントにもなっている。

「ファッションという業界に携わっていなかったとしたら、大学中に留学し英語を身に着けて、ホテルのフロントか、ツアー・コンダクターや、洋服のバイヤーなどの英語を使う仕事に挑戦していたと思う」と有砂さんは話す。

どんなことも“マインド”が大切

派手な色使いや、奇抜なデザインのアイテムを着ることも多い彼女だが、気持ちの持ち方を工夫しているという。「これちょっとやりすぎかなという気持ちでいると、そういう目で見られちゃうから、こうですけど何か!? っていうような自信はすごく大切だと思います」


ファッションはもちろん、何事にも自信を持つためには、自信が付く行動をしないといけない。「何でも良いから自分で自信が持てることが大切。それがなければ、それを作ること」と話す。1日8時間勉強してるということでも良いし、週6日でアルバイトしてるなど小さなことでも継続していくことが自信となると説明する。

「英語の話で言うならば、私自身が海外の人と話せるようになったのも、引け目を感じたりせずに気持ちの持ちようを変えたから。その時初めて対等になって話せるようになった」と自身の経験を語ってくれた。

30代を迎える今、やりたいこと


30代を目前に控え、有砂さんは笑顔でこれからの展望について話す。彼女は毎年1年間、その歳をいかに濃く生きるか、いかに経験を重ねられるかを考えて、過ごして来たという。休みの日も友人と外出するなどして季節を感じられるようなことをするように心掛けているそうだ。幅の広い活動を多岐にわたり行う有砂さんらしい考え方だ。

「経験をたくさん積む20代を突っ走ってきて、30代になり、これからどうするかと考えた時に、表に出続けることは現実的ではないです。私は海外へ行き、いろいろなものを見ている自身の経験が強みだと考えています。人でも、音楽でも、パーティーでもブランドでも良いけれど、そういった自分が好きな、得意としていることのコンサルタントをやりたい」

そう話す姿から、多くのファンがファッションだけでなく、自身の好きなことを職としプロフェッショナルに貫き、前向きに生きる有砂さんの生き方に共感する理由を強く感じることができた。(取材・文=木下かをり)

The Japan Foundation
■住所:Level 4, Central Park, 28 Broadway, Chippendale ■時間:月~木10AM~8PM、金10AM~6PM、土10AM~1PM



— Profile —

植野有砂
■生年月日:1989年12月21日 ■インスタグラム「alisaueno」


1989年12月21日生まれ。大学を卒業する前から活動していた読者モデルとしての経験を活かし、2011年9月からアパレル・ブランド「FIG&VIPER」のトータル・プロデュースを始める。彼女の個性溢れる独特なヘアー・スタイル、メイク、ファッションは“ネオギャル”としてさまざま人からの支持を得ている。
 昨今では、音楽のフィールドでも意欲的に活動中を行い、「Electric Zoo」や「ageHa」などの国内のフェス、クラブや、LAの「create」、NYの「TheAttic」など国内外を問わずにDJとしてプレイしている。「MUSIC CIRCUS’14」に出演した際には、Steve Aokiがブースに応援に来るなど海外のDJやセレブ達とも交友関係が深い。「ULTRA JAPAN」では親善大使にも任命され、オフィシャルアフタームービーに出演。「Electrox2015」ではピカチュウと共演し大きな話題を呼んだ。2015年6月にリリースされたNERVO楽曲「Hey Ricky」にフィーチャリング・アーティストとして参加。シンガー”ALISA”としても世界デビューを果たす。
 また、「MTV」のインタビュアーも務めるほどの、得意な英語を生かした投稿が多いインスタグラムには、27万5000人を超えるフォロワーが世界中に存在する。常に世界中を飛び回り、ファッション、音楽やカルチャーを発信するインフルエンサーだ。



コメントを残す