独占インタビュー! Apple CEO ティム・クック氏が語る、ファッションと … – VOGUE JAPAN

Home » ブランド » Gap » 独占インタビュー! Apple CEO ティム・クック氏が語る、ファッションと … – VOGUE JAPAN
Gap コメントはまだありません



Apple が9月に ARKit を本格展開して以降、多くのショップが iPhone と iPad 向けアプリにこのテクノロジーを統合し始めたため、私たちはオンラインショッピングの未来というものを垣間見る事ができた。

IKEAとアンソロポロジーは先月、それぞれのアプリの新バージョンをリリースしており、顧客は新しい椅子やランプが自分たちのリビングに合うかどうかを確認できるほか、ランプにおいては異なるファブリックや色なども試すことが可能となった。

「時間の経過とともに、こうした機能の重要性はウェブサイトを持つのと同じくらい重要なことになるでしょう」とクック氏は述べている。しかし、AR がファッションとショッピングに長期的にもたらす影響を考えると、こうした例は氷山の一角に過ぎないとも言う。

ここ数年、テック企業のスタートアップの他、リンメルやギャップなどのブランドは、ユーザーがメイクや服を仮想的に「お試し」できるアプリを配信している。しかし、いずれも実店舗でマットな質感のファンデーションを試したり、サイズ感の分かりづらいパンツを試着できるようになるまでには技術が進展しない。こうした状況は、変わろうとしているのだろうか?

クック氏によると、テクノロジーが今年中に追いつく事はないものの、AR がオンラインショッピング体験において重要な役割を果たすであろう他、これをオフライン体験にも適用できる可能性があるという。





コメントを残す