眼差しにクールな煌めきを! 最旬シルバーアイラインを手に入れて。 – VOGUE JAPAN

Home » ブランド » アルマーニ » 眼差しにクールな煌めきを! 最旬シルバーアイラインを手に入れて。 – VOGUE JAPAN
アルマーニ コメントはまだありません



この秋冬のトレンドアイはセンセーショナルな輝きを効かせて。メイク界のマエストロ、リンダ・カンテロが提案するシルバーを効かせたアイメイクに注目!



Silver Eyeliner by Linda Cantello

シルバーのストレートアイライナーで目元にインパクトを。

イヤリング ¥17,000/MSGM(アオイ 03-3239-0341) ファージャケット ¥123,000/EMPORIO ARMANI(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070) ヘッドバンド スタイリスト私物

「前髪+厚めのシルバーアイラインとマスカラのインパクトが60年代風のイメージ。でも、リップはナチュラルなトーンに抑えるのが今シーズン風」とリンダ。モードなアイライナーの引き方のコツはずばり”躊躇しないこと”なのだそう。

「太めのブラシを使って、一気にまっすぐラインを引くと初心者でも成功しやすいわ。細いブラシを使ったり、点を描くように細かく引くと、ラインがくずれやすい。だからアイラインを引く時は、自信を持って一気に引いて」

Discover how to master a Silver Eyeliner.

シルバーアイラインの引き方をリンダがレクチャー。

シルバーアイラインの引き方をリンダがレクチャー。

Step1. 太めのストレートラインを大胆に引く。

太めのアイシャドウブラシに水を含ませ、パーリーなベージュピンクとパールホワイトをミックスして水溶きアイライナーをつくる。上まつげの生え際から2.5mm程度の太めのラインを、目尻に向かって軽くはね上げるイメージでまっすぐに。目尻のキワを幅広くとることが、目を小さく見せないコツ。

アイラインを引く前のベースづくり:

モイスチャークリームでツヤを仕込んでから、コンシーラーを伸ばし、指先を使って目の下のくまなどの色ムラを丁寧に補正して。

シルバーアイラインの引き方をリンダがレクチャー。

Step2. 目尻に溶け込むように、シルバーがフェードイン。

下まつげの際も同様に1.5mm程度の太めのアイライン引き、黒のマスカラを上下のまつげにたっぷりとのせる。「下まつげを塗る時は、ティッシュに下まつげをのせながら、ブラシを横方向にこするように往復させて。これを繰り返して重ね塗りをすると、インパクトがありながらもナチュラルな目もとが演出できるの」

Video

「シルバーアイライン」のメイクアップ法をムービーで詳しくチェック。

60年代のムードが漂う「シルバーアイライン」メイクを、今シーズン風にアップデート。明るいカラーを使っても目ヂカラをキープできるテクニックを動画でご紹介。

Artist Profile

リンダ・カンテロ
リンダ・カンテロ
メイクアップ・アーティスト。80年代よりリチャード・アヴェドンら巨匠フォトグラファーとともに、“スモーキーアイズ”など、数々のエポックメイキングなビューティをクリエイトし続ける。各国のVOGUE誌のカバーを始め、メディアや広告等あまたのメイクアップを手がける。ジョルジオ アルマーニ ビューティのインターナショナル メイクアップ・アーティストの肩書きも持つ。
http://www.joemanagement.com/artists/linda-cantello/portfolio

Recommend 編集部おすすめの関連記事

Back Number バックナンバー



コメントを残す