阪急うめだで「英国フェア」 王室ゆかりのブランド120、職人とともに“来日” – 産経ニュース

Home » 百貨店 » 阪急うめだで「英国フェア」 王室ゆかりのブランド120、職人とともに“来日” – 産経ニュース
百貨店 コメントはまだありません

 英国の食や雑貨の集まる人気イベント「英国フェア」が百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)9階で開かれ、大勢の買い物客でにぎわっている。50回目の今回は「王室」をテーマに、宮殿の衛兵や王室ゆかりのアイテムが職人とともに“来日”。約120のブランドが集まっている。17日まで。

 夫を亡くしたビクトリア女王を励まそうと作られた「ビクトリアスポンジケーキ」(1カット540円、1ホール6480円)や、ジョージ王子が着用した子供服ブランド、ティーカップなど英国ならではの商品が所狭しと並び、多くのブースで現地の職人が実演。会場の中央ではバッキンガム宮殿を模した門と衛兵、実際に公務で使われた乗用車のロールスロイスが英国の風景を再現している。

 近衛軍楽隊によるコンサートなどもあり、担当者は「50回記念だからこそのスケール。ぜひ英国を体感して」とPR。午前10時~午後8時(金・土曜は9時、最終日は6時まで)。問い合わせは同店((電)06・6361・1381)。

コメントを残す