【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):シチズン、ユニチャーム、任天堂 – 株探ニュース

Home » ブランド » シチズン » 【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):シチズン、ユニチャーム、任天堂 – 株探ニュース
シチズン コメントはまだありません



シチズン <日足> 「株探」多機能チャートより

■HUG 3676>  1,754円  +105 円 (+6.4%)  本日終値
 10日に決算を発表。「上期経常が8%増益で着地・7-9月期も16%増益」が好感された。ハーツユナイテッドグループ 3676> が11月10日大引け後(16:00)に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比7.8%増の10億円に伸びたが、通期計画の22.2億円に対する進捗率は45.3%となり、5年平均の43.7%とほぼ同水準だった。
  ⇒⇒HUGの詳しい業績推移表を見る

■ジーエヌアイグループ <2160>  515円  +25 円 (+5.1%)  本日終値
 10日に決算を発表。「1-9月期(3Q累計)税引き前が赤字縮小で着地・7-9月期は黒字浮上」が好感された。ジーエヌアイグループ <2160> [東証M] が11月10日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前損益は1億5900万円の赤字(前年同期は6億2600万円の赤字)に赤字幅が縮小した。
  ⇒⇒ジーエヌアイグループの詳しい業績推移表を見る

■高圧ガス工業 <4097>  949円  +46 円 (+5.1%)  本日終値
 10日に決算を発表。「上期経常が23%増益で着地・7-9月期も25%増益」が好感された。高圧ガス工業 <4097> が11月10日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比22.7%増の26.3億円に伸び、通期計画の53億円に対する進捗率は5年平均の45.8%を上回る49.7%に達した。
  ⇒⇒高圧ガス工業の詳しい業績推移表を見る

■戸田工業 <4100>  4,970円  +235 円 (+5.0%)  本日終値
 戸田工業<4100>は大幅5日続伸。10日の取引終了後、18年3月期の連結業績予想について、営業損益を10億円から16億円(前期1億5100万円の赤字)へ、最終利益を4億円から11億円(同29億2600万円の赤字)へ上方修正したことが好感された。スマートフォン向け非接触充電用フェライトシートの販売開始時期の影響から、売上高は345億円から340億円(前期比21.9%増)へ下方修正したが、徹底した原価低減活動や原価管理を推し進めたことが奏功。また、工場全体の稼働率が向上したことや販管費の見直しを徹底的に行ったことなども寄与したとしている。同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高165億6800万円(前年同期比17.6%増)、営業利益10億9800万円(前年同期100万円)、最終利益8億5100万円の黒字(同6億7400万円の赤字)だった。

■シチズン時計 <7762>  847円  +29 円 (+3.6%)  本日終値
 シチズン時計<7762>が大幅高。同社が10日取引終了後に発表した18年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結決算は、売上高が1533億7900万円(前年同期比0.9%減)と微減だったものの、営業利益は117億6300万円(同10.1%増)と2ケタ増益を確保、最終利益は82億2000万円(同56.6%増)と高変化を示した。これを好感する形で買いを呼び込んだ。旺盛な半導体需要や車載関連向けに工作機械需要が好調で収益を牽引した。主力の時計事業も富裕層を中心とする高額商品への需要が回復し業績に寄与した。一方、子会社の取引に不適切行為があったことを発表したが、これに対するネガティブな反応は限定的となっている。

■じげん <3679>  1,709円  +51 円 (+3.1%)  本日終値
 じげん<3679>が4連騰。前週末10日の取引終了後、12月31日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表したほか、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)連結決算が、売上高49億3700万円(前年同期比51.7%増)、営業利益16億8100万円(同53.5%増)、純利益9億6200万円(同51.2%増)と大幅増益となったことが好感された。人材領域、不動産領域、生活領域ともに主力メディアのユニークユーザー数が増加傾向にあるほか、顧客基盤拡大による単価上昇が貢献した。また、今年1月に株式を取得した三光アドも寄与した。なお、18年3月期通期業績予想は、売上高105億円(前期比39.4%増)、営業利益32億2000万円(同29.7%増)、純利益19億3000万円(同31.0%増)の従来見通しを据え置いている。

■ユニ・チャーム <8113>  2,866円  +69 円 (+2.5%)  本日終値
 ユニ・チャーム<8113>は前週末同様に全般軟調相場に逆行。同社は紙おむつなど衛生商品の大手で中国をはじめとするアジア地域で業績を伸ばしている。前週末10日の前場取引終了後に17年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表したが、売上高は4655億9200万円(前年同期比7.5%増)、最終利益は436億2200万円(同34.7%増)と高変化をみせた。中国では習近平1強体制が敷かれ、政治的な安定から同国に積極展開する企業の株価が見直されている。同社は中国関連の代表格でもあり、水準訂正を見込んだ投資資金の攻勢が継続している。

■任天堂 <7974>  44,050円  +750 円 (+1.7%)  本日終値
 任天堂<7974>が全体相場に逆行して続伸。「ニンテンドースイッチ」が会社側の想定を大きく上回る売れ行きをみせており、市場では同社の増産の行方に注目が集まっている。前週末は19年3月期にスイッチの生産ペースを引き上げるとの観測が米大手メディアなどを通じて報じられ、株価を改めて刺激する格好となった。スイッチが投入2年目に1400万台を販売できれば、大ヒットしたゲーム機 「Wii」に匹敵する規模になることからマーケットでも期待が高まっている。

■アルバック <6728>  8,570円  +80 円 (+0.9%)  本日終値
 アルバック<6728>は上場来高値を更新。前週末10日の取引終了後、18年6月期の連結業績予想について、売上高を2390億円から2450億円(前期比5.7%増)へ、営業利益を310億円から330億円(同12.0%増)へ、純利益を255億円から275億円(同12.4%増)へ上方修正したことが好感された。メモリ向け投資の拡大に伴い、足もとでスパッタリング装置や自然酸化膜除去装置が増加しているほか、モバイル機器向け高機能デバイス製造装置などが堅調に推移していることを受けて、第2四半期以降も半導体および電子部品製造装置を中心に売上高が予想を上回ることが要因としている。なお、同時に発表した第1四半期(7~9月)決算は、売上高609億4300万円(前年同期比21.7%増)、営業利益89億円(同38.6%増)、純利益63億3300万円(同24.7%増)だった。

■ムトー精工 <7927>  1,510円  +300 円 (+24.8%) ストップ高   本日終値
 10日、ムトー精工 <7927> [JQ] が決算を発表。18年3月期上期(4-9月)の連結経常損益が9.4億円の黒字(前年同期は0.2億円の赤字)に浮上し、従来予想の4億円の黒字を上回って着地したことが買い材料視された。エアコンパネル、ステアリングスイッチといった自動車向けプラスチック成形部品や、スマートフォン新型モデル向けをはじめとした電子ペンの販売が大きく伸びたことが寄与。ベトナムなど海外子会社の業績好調も収益拡大に貢献した。併せて、通期の同利益を従来予想の7.5億円→12億円に60.0%上方修正し、増益率が11.6%増→78.6%増に拡大する見通しとなった。前日終値ベースの予想PERが14.5倍→8.7倍に急低下し、割安感が強まったことも買いに拍車を掛けた。

■アルファポリス <9467>  1,537円  +300 円 (+24.3%) ストップ高   本日終値
 アルファポリス<9467>は急騰。10日取引終了後、18年3月期の単独業績予想の修正を発表。売上高を35億円から38億円(前期比19.3%増)へ、営業利益を2億円から5億円(同2.9倍)へ、純利益を1億1500万円から2億8200万円(同2.8倍)へ修正したことが好感されている。出版事業で、自社サイトに投稿された作品から誕生した新シリーズタイトルが軒並み好調だったことに加えて、積極的に対応を進めている電子書籍販売も伸長したことが牽引。また、ゲーム事業に関するコストを見込み以上に圧縮できたことも寄与した。

■ビリングシステム <3623>  8,650円  +1,500 円 (+21.0%) ストップ高   本日終値
 10日、ビリングシステム <3623> [東証M]が17年12月期の連結経常利益を従来予想の1億7300万円→2億3300万円に34.7%上方修正。従来の22.1%減益予想から一転して5.0%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなったことが買い材料視された。クイック入金サービスの取次件数が想定より増えるほか、自動販売機向け電子マネー対応決済端末の販売も伸びることが寄与。同時に、12月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施すると発表。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いも向かった。

●ストップ高銘柄
 増田製粉所 <2008>  4,360円  +700 円 (+19.1%) ストップ高   本日終値
 ナガオカ <6239>  948円  +150 円 (+18.8%) ストップ高   本日終値
 など、13銘柄

●ストップ安銘柄
 旅工房 <6548>  930円  -300 円 (-24.4%) ストップ安   本日終値
 ディー・ディー・エス <3782>  555円  -150 円 (-21.3%) ストップ安   本日終値
 パピレス <3641>  2,063円  -500 円 (-19.5%) ストップ安   本日終値
 フリークHD <6094>  3,235円  -700 円 (-17.8%) ストップ安   本日終値
 以上、4銘柄

株探ニュース





コメントを残す