「ロエベ」の真髄は工芸 「クラフト プライズ」受賞者の作品を六本木で展示 … – WWD JAPAN.com

Home » ブランド » ロエベ(LOEWE) » 「ロエベ」の真髄は工芸 「クラフト プライズ」受賞者の作品を六本木で展示 … – WWD JAPAN.com
ロエベ(LOEWE) コメントはまだありません



 「ロエベ(LOEWE)」は第1回「インターナショナル クラフト プライズ (INTERNATIONAL CRAFT PRIZE )」展を11月17〜30日、東京・六本木の21_21 DESIGHN SIGHT ギャラリー3で開催する。同展は「ロエベ クラフト プライズ 2017(LOEWE CRAFT PRIZE 2017)」の大賞受賞者を含む最終ファイナリスト26人の作品を展示するもので、スペイン、ニューヨークに続きアジアでは初の開催だ。

 「ロエベ クラフト プライズ」は1846年にクラフト(工芸)の協働工房としてスタートした同ブランドの創業形態に思いを馳せて、クリエイティブ・ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が2016年に発案した。現代のアーティストたちの創造性、卓越性や芸術価値を世に広めることを目的としている。

 ジョナサンはアート、デザインやクラフツマンシップといった文化を重視することをブランドを再構築する上での基軸と考えている。彼は「クラフトは『ロエベ』の真髄だ。メゾンとして私たちは『クラフト』という言葉が持つ最も純粋な意味でモノづくりをしようとしている。そこにこそ私たちの考えるモダニティがあり、クラフトは常に私たちとつながっている」と、工芸と「ロエベ」の関係性について語る。

■ロエべ「インターナショナル クラフト プライズ」展
日程:11月17〜30日
時間:10:00〜19:00
場所:21_21 DESIGHN SIGHT ギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ガーデン内
入場料:無料





コメントを残す