ハイセンス「World Cup Official TV」を発売–ボールの回転まで見える4K液晶テレビ – CNET Japan

Home » ブランド » Next » ハイセンス「World Cup Official TV」を発売–ボールの回転まで見える4K液晶テレビ – CNET Japan
Next コメントはまだありません



 ハイセンスジャパンは11月13日、独自のULEDを採用した4K液晶テレビ「HJ65N8000/HJ55N8000」(想定税別価格:25万円前後/17万円前後)を発表した。「World Cup Official TV」として発売する。12月中旬に全国家電量販店などで取り扱いを開始する。

「World Cup Official TV HJ65N8000」とゲストとして登場したラモス瑠偉さん
「World Cup Official TV HJ65N8000」とラモス瑠偉さん

 ハイセンスグループは、中国の家電メーカーとしては初めて、2018年に開催するFIFAワールドカップ・ロシア大会の公式スポンサーに決定。新4Kテレビは、スポンサーシップを記念して作られた特別仕様になる。

 ULEDは、液晶パネルにKSF(フッ化物蛍光粉末)を取り入れることで、リアルな色再現ができる「ウルトラカラー」とLEDをバックライトを部分ごとに制御する「ウルトラコントラスト」を融合させた、ハイセンス独自の技術。すでに海外では発売していたが、日本市場への導入は今回が初めてになる。

 本体にはスポーツモードを設け、スポーツ映像の再現力を向上。ウルトラカラー、ウルトラコントラストに加え、フレームに捉えきれない速度の画像を補完し、なめらかな映像を再現する「ウルトラモーション」を採用。残像感の少ないスムーズな視聴ができるとしている。

 65、55V型モデルともに奥行き8.9mm、ベゼル幅1.5mmのスリムデザインを採用。「ピュアメタルデザイン」をテーマに、素材の金属感を生かしているほか、背面まで美しい360度デザインに仕上げた。

 画面下部にはウーファを含む3つのスピーカを備えたフロントスピーカ構成で、ユーザーにダイレクトに届く音を重視。ドルビーオーディオと「SUPER BASS」も搭載し、重低音を立体的に再現する。

 HDRに対応したほか、Netflix、YouTube、アクトビラ、TSUTAYA TV、U-NEXT、ひかりTV、クランクイン!ビデオの7つのVODサービスを用意。3年のメーカー保証を装備する。

奥行き8.9mmのスリムボディ
奥行き8.9mmのスリムボディ
リモコン
リモコン

 ハイセンスは中国の家電メーカーとして、現在世界130カ国で展開。2010年11月に日本法人を設立した。ハイセンスジャパン執行役員副社長の磯辺浩孝氏は「ハイセンスのテレビは日本市場でまだ認知されていないと考えている。今まで大きな広告、販促活動をしてこなかったが、今回のFIFAワールドカップ・ロシア大会を最大のチャンスと捉え、ハイセンスブランドの認知を上げていきたい」と意気込みを話した。

 会場には、ゲストとして元サッカー選手のラモス瑠偉さんが登場。「ハイセンスの新しいテレビはボールの回転まではっきり見える。今は世界中のサッカーの試合をテレビで見られる時代になった」とコメントした。



左から、ハイセンスジャパン執行役員副社長磯辺浩孝氏、ラモス瑠偉さん、ハイセンスジャパン代表取締役社長の李文麗氏
左から、ハイセンスジャパン執行役員副社長磯辺浩孝氏、ラモス瑠偉さん、ハイセンスジャパン代表取締役社長の李文麗氏



コメントを残す