日本有数のコスチュームジュエリーコレクターであり研究家の小瀧千佐子が、スペシャルトークイベントを開催。 – BIGLOBEニュース

Home » 日本橋 » 日本有数のコスチュームジュエリーコレクターであり研究家の小瀧千佐子が、スペシャルトークイベントを開催。 – BIGLOBEニュース
日本橋 コメントはまだありません



コスチュームジュエリーの日本有数のコレクターであり研究家の小瀧千佐子が、自身の個展「小瀧千佐子のグラークス展—ノヴェチェントの遊びごころ」会場内にて、スペシャルトークイベントを開催する。

コスチュームジュエリーという言葉は、日本ではあまり聞きなれない言葉かもしれない。
はじまりはその名の通りコスチュームに合わせて作られたジュエリーを指す言葉だったが徐々に、金や宝石などの貴金属をあえて使わない、非貴金属が使用されるデザイン性豊かなジュエリーの総称を指すようになった。

ココ・シャネルの「私が付ければ本物に見える。」という名言も知られているが、フランスで徐々に広がり、アメリカに渡ってあっという間に浸透したこのコスチュームジュエリーは、シャネルはもちろん、クリスチャン・ディオールやイヴ・サン・ローランからも多く発表されており、写真の日本でも人気のミリアム・ハスケルはコスチュームジュエリー専門のブランドだ。

数々のコスチュームジュエリーの展覧会を成功させた経験をもつ日本有数のヴィンテージ・コスチュームジュエリーのコレクターであり専門家の小瀧千佐子が、はじめてコスチュームジュエリーに触れる方から、すでにファンの方にまで幅広く楽しめるトーク内容を考案した。

タイトル:コスチュームジュエリーの世界、各デザイナーごとの特色
日時:11月19日(日)15:00〜16:00
会場:chisa(チサ) 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-21-2 T:03-6455-4546 M:info@chisa.jp HP:http://chisa.jp/
参加費:無料

会場は小瀧千佐子の個展が開催中の北参道・chisaとし、多くの貴重なヴィンテージジュエリーにかこまれながらトークを聴くことが出来る贅沢なイベントだ。

ぜひこの機会に、コスチュームジュエリーの魅力に触れて欲しい。

小瀧千佐子(こたき・ちさこ)プロフィール

1947年東京都生まれ。20世紀のヴェネチアンガラス、ヴェネチアンビーズ、コスチュームジュエリー、それら三つのジャンルのコレクターであり研究家。2005年「ヴェネツィアンビーズとコスチュームジュエリー展」を銀座和光・日本橋三越・名古屋松坂屋美術館・福岡市立博物館・ 熊本県立美術館ほかで全国巡回開催。その他毎年数々の展覧会を開催している。ジュエリー&ライフスタイルブランド チサ(chisa) の創始者であり、総合プロデューサー。
北鎌倉駅前に位置した北鎌倉小瀧美術館元館長。





コメントを残す