アングローバルが新ウィメンズブランドを始動 素材とシルエットにこだわったベーシックウエア – WWD JAPAN.com

Home » 出店 » アングローバルが新ウィメンズブランドを始動 素材とシルエットにこだわったベーシックウエア – WWD JAPAN.com
出店 コメントはまだありません



 「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」を日本で展開するアングローバルは2018年春夏、新ウィメンズブランド「イレーヴ(YLEVE)」をスタートする。デザイナーに、セレクトショップのプライベートブランドなどを手掛けてきた田口令子を起用。アングローバル初のオリジナルブランドとして、シンプルながらもシルエットと素材のクオリティーにこだわった日常着を提案する。デザインは“オーセンティック ベーシック”“トラディショナル ワーク”“テーラリング”“シーズンアイテム”の4つのキーワードで構成。販路は卸売りで、展示会へはセレクトショップや百貨店のバイヤーが来場した。

 デビューシーズンの今季は、テーラードやワークウエア、ミリタリーの要素を生かしながら、女性らしいシルエットを加えた。生地は日本やイギリス、イタリアの生地メーカーと取り組んだオリジナル生地をポイント。ダブルブレストのジャケットとハイウエストのトラウザーのセットアップは、英高級スーツ地のフォックス ブラザーズ(FOX BROTHERS)との別注のブルーとブラウンが入ったチェック柄を使用している。シンプルなカットソーは、1枚着てさまになる立体的なパターンと、シックな色使いが特徴だ。価格帯はカットソー1万円~、ニットが2万円~、ボトムスが3万円~、ジャケット・ブルゾンが5万円~など。

 田口「イレーヴ」デザイナーは「生活に根ざし、毎日着れるリアルな服をユーザーと近い関係でで作りたい。アングローバルは『マーガレット・ハウエル』を長く続いているよう、モノ作りに許容や理解があると感じる。ブランドの軸をブラさずに、長く愛される服を目指して『イレーヴ』を成長させていきたい」と語る。

 中田浩史アングローバル取締役新規事業統括部部長兼マーガレット・ハウエル事業部長は「海外に通用するドメスティックブランドを新規事業として始めたいと考え、デザイナーを探していた。田口(デザイナー)はテーラリングやワークウエア、プレタ・ポルテの深い知識があり、生地選びも、うっとりしてしまう程うまい。現在出店の計画は考えていないが、卸をベースに地に足をつけていきたい。将来的には、田口が考える世界観を伝えられるコンセプトストアのようなセレクト業態を開けたら」と話した。





コメントを残す