ミュージカルアニメ『Dance with Devils』劇場版公開記念!羽多野 渉さんのインタビューをお届け!! – ファミ通.com

Home » 池袋 » ミュージカルアニメ『Dance with Devils』劇場版公開記念!羽多野 渉さんのインタビューをお届け!! – ファミ通.com
池袋 コメントはまだありません



ファミ通App for girlsのTwitterやってます!
女子向けコンテンツ情報をチェック!
@girlsApp_m

劇場版、絶賛上映中

女性向けコンテンツメーカー・Rejetと音楽制作ブランド・Elements Gardenがはじめてタッグを組み、2015年10月~12月にかけてTVシリーズが放送された『Dance with Devils』(通称:ダンデビ)。そんな本作の劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』が、11月4日からシネ・リーブル池袋ほかで公開中だ。

hatano02

アニメ、ゲーム、ミュージカル、コミックなど、さまざまなメディア展開を行い、そのすべてのコンテンツで異なるエンディングを迎えるという新しい手法を取り入れ、話題を呼んだ本作。

劇場版ではTVシリーズのカットに新たなシーンを加え再構成、セリフはすべて新規で収録しており、6曲もの新曲を制作するという力の入れようだ。

今回、劇場版の公開を記念して、立華リンド役を演じ、主題歌も担当している羽多野 渉さんにインタビュー。当サイトだけの質問にもお答え頂いたのでお届けする。

hatano01

また新たな世界が広がる劇場版

――TVシリーズから2年の時を経て、劇場版が上映されることについて、どのように思われましたか?

羽多野 渉さん すべて作品を愛してくださっているみなさんの応援のおかげだと思っています。『ダンデビ』シリーズは、TVシリーズが終わってから2年経っていますが、ゲームやCD、舞台とメディアを変えていろいろな展開をしていました。少し異なる『ダンデビ』の世界がそれぞれ描かれていたので、どれを見ても楽しんで頂けていたのではないかなと思います。アニメは原点だと思うので、劇場版で作品の新たな魅力が伝わったら嬉しいです。

――劇場版には新曲が6曲もあるそうですが、羽多野さんが歌唱される楽曲のレコーディングはいかがでしたか?

羽多野さん 僕が演じている立華リンドのソロの楽曲も、ほかのキャラクターと歌う曲も、非常に楽しく歌わせて頂きました。新曲をレコーディングして思ったんですが、TVシリーズと比べてみて、楽曲のジャンルの幅がグッと広がった感じがするんですよ。それは、アニメも舞台も同じスタッフさんで楽曲制作をしているので、作り手側のスタッフさんも新しいメディアでの経験を重ねたことで、「アニメでもこういうことをやったらおもしろいんじゃない?」と、新しい世界が広がったんだと思うんです。もちろん、僕たち演者も経験を重ねて、負けじとがんばっています(笑)。

――今回は劇場版用にセリフを再収録されたということですが、アフレコ現場の雰囲気について教えてください。

羽多野さん にぎやかすぎるほどにぎやかでしたね(笑)。TVシリーズから変わっていません。テスト中なんて、僕がひとこと叫ぶと「お兄ちゃんが来たー」と、みんな笑っていて。僕はどのセリフも真剣に言っているんですけどね(笑)。

みんなが大まじめにやっているからこそ、客観的に見てクスッと笑えてしまうのが『ダンデビ』の魅力であり、おもしろいところなんだと思います。じつは再収録の前にレコーディングが終わっているメンバーがいたので、アフレコの時も歌が入った状態でできたんです。ですので、僕も含め、レコーディング済のメンバーは、気恥ずかしい思いをしながらアフレコをしました……。

hatano03
 hatano04
 hatano05

――観客参加型上映会「アクマと詠う上映会」の実施が決定していますが、どのように楽しんで頂きたいと思いますか?

羽多野さん いわゆる参加型上映というものに僕は参加したことがないので、どういう風な楽しみ方があるのかわからないのですが、劇場版では、ミュージカルシーンにセリフがテロップで表示されるそうなので、僕みたいに初めて参加するという人も楽しめるのではないかなと思います。ぜひとも、何度も通って頂いて、歌を覚えて、一緒に楽しんでほしいなと思います。

とくに新曲の「全部お前の為だ!」はパワーワードしかない楽曲で(笑)。歌の中に、セリフみたいな形で歌詞を投げ込むフレーズがあるので、そこは一緒に盛り上がってほしいですね。「ここなら声を出せる!」という部分を見つけたら、遠慮することなくぜひ参加してください。そんな風に盛り上がっている様子を僕は客席で見てみたいです(笑)。

メディアごとに答えがある『Dance with Devils』

――ゲーム、CD、テレビアニメ、そして劇場版と参加されてきて感じた『Dance with Devils』という作品の魅力を教えてください。

羽多野さん シミュレーションゲームって選択肢の中から自分で「こうだ!」と思うものを選んで、それが正解なのか、最後までわからないまま進んでいくじゃないですか。まさに『ダンデビ』はそういう作品。作り手側が毎回、遊び心満載でいろいろな答えを用意して、いい意味でみなさんをどう裏切ろうかと考えているんです。

だから、どのメディアの『ダンデビ』を見てもいろいろな選択肢や答えがあって楽しめるのではないかなと思います。ただ、演じている僕たちも展開を知らされないので、ちょっとドキドキしながらの収録でしたね(苦笑)。

――ということは、劇場版は劇場版だけの答えがあるということですか?

羽多野さん そうですね。劇場版のエンディングはあくまで“劇場版だけのもの”ですから。ただ、劇場版のエンディングのあとには、6キャラクターそれぞれのエピローグが準備されているので、何倍も楽しめるかと思います。

 hatano06
 hatano07

――TVシリーズ、劇場版、そしてゲームでも主題歌を担当されていますが、今回の主題歌「KING & QUEEN」の印象、そしてテレビアニメ、ゲームとこれまでの主題歌を振り返ってみて、どのような楽曲だったかをお聞かせください。

羽多野さん 今回の主題歌はTVシリーズのときと同じスタッフさんに制作して頂きましたので、作品の雰囲気はそのままに……でしたね。そもそも、タイアップ曲というのは自分がこういう楽曲を歌いたいと希望するのではなく、作品を作っている方々が思いを込めて作られた楽曲を歌い手として歌うものです。

『ダンデビ』のタイアップ曲であるTVシリーズのオープニングテーマ「覚醒のAir」は、Elements Gardenの藤田淳平さんとRejetの岩崎大介さんがはじめてタッグを組んで生まれたもので、作品の世界観がゴシックロックというジャンルで表現されていて。ロックの勢いだけではなく、そこに含まれるあやしさやセクシーさをどう表現したらいいのか、相談をしながらレコーディングを重ねたのが懐かしいですね。その時の僕にとってはすごい挑戦をさせて頂いた1曲です。

そんな挑戦に続くようにして、ゲーム版の主題歌「運命のCoda」と出会いました。ダンサブルでテンポが速く、かと思えば、ゆっくりになったり……。1曲の中でテンポが変化していくというギミックがあり、1曲まるごとミュージカルみたいでした。

作品をイメージして、作品のために作られた2曲に続いて登場したのが、劇場版主題歌の「KING & QUEEN」です。この楽曲は、1本のミュージカルが終わり、カーテンコールを迎え、役から解き放たれた役者たちが袖からステージに出てきて、「みんな、ありがとう!」とにぎやかに現れる時間を表現したいという監督の意図で作られたそうなのですが、それを聞いて、「なるほど!」と思いました。今までとまったく方向性が違う楽曲だったので、最初に聞いた時は驚きましたが、意図を聞いて納得しました。

また、ビックバンドのサウンドは迫力ありますし、生音のすごさを体感できる1曲に仕上がっています。トランペットのソロは響きに哀愁が漂っていますし、金管楽器も華やかで明るいメロディなのですが、歌詞は切なくて……。全体を通して作品の世界観を表現していて、劇場で聞くのにふさわしいアレンジだなと思います。

――劇場版の表題にも使用されている「Fortuna」(フォルトゥーナ)はローマ神話の幸運の女神の名前であり、ラテン語では幸運を意味するそうです。そこで、これまでご自身にとって、「これは幸運だったな」と感じた出来事や出会いを教えてください。

羽多野さん 『Dance with Devils』との出会いです。個人的にもありがたいタイミングで出演、そして主題歌のお話を頂いたんですよ。5~6年前、キャラクターの音楽表現を深めたい、幅を広げたいと思って飛び込んだ音楽活動の世界でしたが、その経験値が積み重なっていく中で挑戦させて頂いた作品だったので、本当に幸運だったなと思います。

――最後にファンのかたへメッセージをお願いいたします。

羽多野さん 2年ぶりに劇場版として『Dance with Devils』が戻ってまいります。TVシリーズをご覧になったかたも、見たことがないというかたも存分に楽しめるような仕上がりになっています。ストーリーが終わったあとには、僕の8枚目のシングル「KING & QUEEN」が流れますので、こちらもぜひ応援して頂けますとうれしいです。

劇場版『Dance with Devils-Fortuna-』
池袋シネ・リーブルほかにて公開中

【作品情報】
■スタッフ
原案:岩崎大介(Rejet)、原作:グリモワール編纂室、監督:吉村 愛、脚本:金春智子、キャラクター原案:前田浩孝(Rejet)
キャラクターデザイン:高品有桂、音楽プロデューサー:藤田淳平、音楽:Elements Garden、音楽制作:DIVEIIentertainment、アニメーション制作:ブレインズ・ベース

■キャスト
立華リツカ:茜屋日海夏、鉤貫レム:斉藤壮馬、立華リンド:羽多野 渉、楚神ウリエ:近藤 隆、南那城メィジ:木村 昴、棗坂シキ:平川大輔、ローエン:鈴木達央、マリウス:豊永利行、葛葉アズナ:松田利冴、ジェキ:鈴木裕斗、ネスタ:小山力也、アンサンブル:劇場版をご覧頂くあなた

【主題歌情報】
「KING & QUEEN」/羽多野 渉
2017年11月22日発売
アーティスト盤(CD+DVD)1944円[税込] アニメ盤(CD only):1,296円[税込]

【イベント情報】
劇場版「Dance with Devils-Fortuna-」兄かアクマか!? 貴女と過ごすクリスマスイブ
日程:2017年12月24日 出演:羽多野 渉・斉藤壮馬
場所:赤羽会館講堂
時間:開場 18時45分/開演 19時30分

<公式HP> http://dwd-movie.com  <公式Twitter> @DwD_info

(C)グリモワール編纂室/Dance with Devils F 製作委員会

ファミ通App for girlsのTwitterやってます!
女子向けコンテンツ情報をチェック!
@girlsApp_m

ban

↑A3!、あんスタ、おそ松さんなど
女子向けコーナー展開中!





コメントを残す