機械式高級腕時計に注力 スイス勢、ブランド戦略競う|Men’s Fashion … – 日本経済新聞

Home » ブランド » オメガ » 機械式高級腕時計に注力 スイス勢、ブランド戦略競う|Men’s Fashion … – 日本経済新聞
オメガ コメントはまだありません



 時計の本場で世界の腕時計市場で大きなブランド力を持つスイスのメーカー。一本100万円を超える高級品も珍しくなく、老舗から新興企業まで集まる裾野の広さも特徴だ。近年の戦略からは「ブランド深耕」、新素材などによる「価値向上」、スポーツを通じた「若い世代の開拓」といったキーワードが浮かぶ。

 前回掲載「腕時計の世界輸出、中国が席巻 日本もスイスも後塵」もあわせてお読みください。

 「パテック・フィリップ」に「オーデマ・ピゲ」、「ヴァシュロン・コンスタンタン」。いつか手にしたい世界三大高級時計メーカーとされる。ほかにロレックスやオメガも有名だ。現在、スイスの輸出全体に占める時計や精密機械の割合は2割を超える。

■高価格帯の機械式に集中

 一時は日本製のクオーツ時計の躍進にスイスの時計産業は打撃を受けた。窮地を脱するためブランド化に取り組む過程で、スウォッチグループを代表とする大規模グループが設立。各ブランドは日本勢などより高い価格帯で機械式時計に経営資源を集中した。生産量こそ多くないが、平均単価が圧倒的に高い。

LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループの時計部門のトップ、ジャン―クロード・ビバー氏

 スイスの時計メーカーが傘下に多いLVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループの時計部門のトップ、ジャン―クロード・ビバー氏は「成功を収めるにはブランドを定義し、独自のメッセージを示すことが重要」と話す。価格を上回る価値や技術革新が一例と説明する。





コメントを残す