第1弾でご好評いただいたクリエイターと出会える新しいマーケット企画、“Christmas”をテーマに、早くも第2弾の開催が決定!「Laforet Market vol.2 “Christmas”」開催 – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 原宿 » 第1弾でご好評いただいたクリエイターと出会える新しいマーケット企画、“Christmas”をテーマに、早くも第2弾の開催が決定!「Laforet Market vol.2 “Christmas”」開催 – PR TIMES (プレスリリース)
原宿 コメントはまだありません



 

 ラフォーレ原宿は、場と間(アッシュ・ペー・フランス株式会社)と協業し、お客様とクリエイターが出会える新しいマーケット企画「Laforet Market」を展開しております。このたび、その第2弾となる「Laforet Market vol.2 “Christmas”」を12月16日(土)、17日(日)に開催いたします。

 「Laforet Market」では、あらゆるジャンルのクリエイター、メーカー、ショップが集まり、お客様がクリエイションに出会えるCtoC(Creator to Customer)のマーケットとして、カルチャーを発信しております。2017年9月に第1弾を“one idea”のテーマのもとで開催。約3,000人のお客様にご来場いただきました。会場内では40以上ものブースが、テーマ通り様々なアイデアで一手間加えた商材やワークショップを展開。パフォーマンスも来場者を楽しませ、大変ご好評をいただきました。

 第2弾の今回は“Christmas”をテーマに40ものブースが登場。ギフトをキーワードに、ファッション、アート、クラフト、ライフスタイル、フードとあらゆるジャンルから多彩な出店者が集合し、クリスマスをより豊かに彩る商品やサービスを提供いたします。クリエイターによるクリスマスデコレーション、国内外のデザイナーやアーティストが手がけるアクセサリー、話題のフードなど、Laforet Marketならではの個性豊かな出店者が揃うほか、ワークショップやパフォーマンスも実施。自分へのご褒美や大切な人へのギフトを探しにLaforet Marketへぜひお越しください。

 また、「Laforet Market」では、“クリエイションに出会う場所” として新たな才能を発掘するため、すべての出店希望者を対象にアッシュ・ペー・フランス株式会社 場と間 による「BATOMA AUDITION」を開催しております。さらに、2018年3月には第3弾の開催も決定。「Laforet Market」の今後の展開にもご期待ください。

 

Laforet Market 特設サイト:http://www.laforet.ne.jp/museum_event/market02

■「Laforet Market vol.2 “Christmas”」 出店者情報

 BOOK AND SONS(BOOK)

BOOK AND SONSは、学芸大学の住宅街に店を構え、タイポグラフィを中心としたグラフィックデザインの本を扱う書店です。今回はグラフィックデザインの本に加え、写真家・濱田英明氏最新の写真集「ONE DAY」を販売。文房具やオリジナルグッズのほか、普段店頭のコーヒースタンドで提供しているオリジナルブレンドコーヒーセットの販売も行います。

   
COFFEE SUPREME(FOOD&DRINK)

 

コーヒー・スプリームは1993年にニュージーランドの首都・ウェリントンで誕生したスペシャルティコーヒーロースターです。ウェリントンのほか、オーストラリア・メルボルン・ブリスベン3都市でカフェを展開。多くの人が気軽にコーヒーを楽しめるような独自のホスピタリティカルチャーを提案しています。オセアニア以外の地域への出店は東京が初めて。渋谷の神山町でトーストとコーヒーを提供する小さなお店です。

MARTE/madder madder(FASHION)

MARTEは、1900~80年代のレディスヴィンテージ衣類、オリジナルアイテムなどを取り扱うヴィンテージファッションブティックです。MARTEとは、イタリア語で“火星”を意味し、「新たなる土地、未知なる感覚」 をコンセプトに掲げ、訪れた一人一人のお客様に、古き良き一点物の価値や魅力を新たな感覚として提案しています。
madder madderは、年齢やジャンルにとらわれず、雑貨や洋服をセレクトし、自分で作り、一緒に作るブランドです。今回は古着のリメイク作品を出品。

  
irotoiro(FLOWER)

目黒区にある花屋のirotoiro。色とりどりの花やグリーン、ドライフラワーなどを扱い、それぞれの個性を活かしたお花をお届けします。つぼみから色褪せていく姿まで、日々変わっていく表情を愛でる気持ちを大切に、人それぞれの感性にアプローチしながら、皆様の思いをカタチにしていくお手伝いをいたします。 

  
CASICA(FOOD&DRINK)

今年11月 に東京・新木場にオープンしたばかりのデリカテッセンスタイルのカフェ。身体からの声に耳を傾け、薬膳やアーユルヴェーダの考えをベースに、食や飲み物を通して身体の求めるものを可視化することをコンセプトにしています。今回は、スパイスと辛さのバランスが良い、優しいチキンカレーをご用意。漢方や東洋医学の考えのもと、心身の調和を日常から整えていきます。

 
  

drama H.P.FRANCE(FASHION)

「Tokyo Accessory Creators Incubation Shop(東京アクセサリークリエイターズインキュベーションショップ)」。“日本のクリエイション”にこだわり、日本のクリエイター達と共につくる、東京をクローズアップした店。東京で働く大人の日常に、ドラマを引き寄せるようなアクセサリーを提案します。

CAPH troupe(FASHION)

遊びの中から生まれるアイディア、ユーモア、驚きを手と手でつむぐ創造集団。ユーモアのあるアクセサリーと服を提案いたします。

KIAN_Jewelry(FASHION)

東京都・自由が丘のギャラリー。デザインとクラフトの視点から国内外の主に若手作家の作品を扱う。日本初上陸となる“Studio Emma Odenkirchen”(オランダ) / “Foureyes ceramics”(アメリカ) / “mumpish”(フランス)の3ブランドに加え、現在、国内外から注目を集めている“Iria Ashimine”(日本)などを出品。

OTOE(FASHION)

今年で11年目を迎えるOTOEは、年代、性別にとらわれず自由な発想で気分のあがる古着をセレクトしています。オリジナルリメイクOTOELOGYにも注目。

GOOD DAY(LIFESTYLE)

日本のクリエイションにこだわってセレクトされたアクセサリーや雑貨はクリスマスギフトにもぴったり。

LTshop(LIFESTYLE)

外苑前にあるリトアニアのクラフトとデザインの専門店。店主がリトアニアを旅して蒐めた陶器やかごなどの手仕事や、若手のデザイナーの作品を紹介しています。

Lanterne(FOOD&DRINK)

フランス料理のシェフによる、親しみやすい赤提灯居酒屋。カラアゲ、ハイボールをメインにホッとする居酒屋メニューはもちろん、Lanterneらしさをプラスした見た目も味も楽しませてくれる料理とドリンクを提供します。コンセプトは“呑んだくれの皆様に愛されるお店に”。

TAYORI(FOOD&DRINK)

東京谷中にある文化複合施設HAGISOの姉妹店として今年7月に、おそうざい、おべんとう、コーヒーの店「TAYORI」がオープンしました。食の郵便局をコンセプトに、食を通じた新たなコミュニケーションを提案します。お弁当や焼き菓子、クリスマスのギフトにぴったりなX’mas限定オリジナルクッキー缶などをご用意します。

panya ashiya tokyo(FOOD&DRINK)

今年11月に駒沢公園近くにオープンしたばかりの2種類の食パンのみを販売する食パン専門店。添加物を一切使わずに厳選した材料でつくられる食パンの、1日に焼ける数は200~250本ほど。今回は食パンの販売のほか、何もつけずに楽しめる「プレミアム」をフレンチトーストにして提供いたします。

 WORKSHOP / PERFORMANCE  

Laforet Marketでは、参加ショップ・アーティストによるさまざまなワークショップやパフォーマンスを実施します。

Lomography 「“Lomography Instant Photo Automat” フォトブースでインスタント写真を撮って、クリスマスカードにしちゃおう!」

ビビッドでユニーク、そして時には手ブレ全開のクレイジーな写真でさえ楽しむ、クリエイティブで実験的な写真に情熱を燃やす世界規模のコミュニティーLomography(ロモグラフィー)の、Laforet Market限定特設フォトブース第2弾が登場!真っ赤にデザインされたフォトブースで、インスタント写真セルフィーをワンコインで撮影いただけます。Laforet Marketでお買い物した後は、記念にインスタント写真を撮って帰りませんか?

参加料金:500円(税込) 定員:随時受付

所要時間:5分程度 ※希望者多数の場合お待ちいただく場合がございます

開催日時:12月16日(土)、17日(日)11:00~19:00 ※最終受付18:30

申込方法:会場へ直接お越しください

やまもとまな(painter/florist) 「フォレストガーランド」


絵画・植物・食物にまつわるアーティスト活動をするほかフラワーブランドBross&Butter.を主宰する やまもとまな と共に、森の植物を拾い集めたようなガーランドをつくります。寒い冬を彩る自分だけのフォレストガーランドをつくりましょう。

参加料金:3,000円(税込)~ 定員:随時受付

所要時間:30分程度 ※希望者多数の場合お待ちいただく場合がございます

開催日時:12月16日(土)14:00~18:00

申込方法:会場へ直接お越しください

YJSAXDUO (サックスデュオ) 「LIVE PERFORMANCE ゴセッキー&上運天淳市SAX DUOによる世界のXmas」


後関 好宏(ASA-CHANG&巡礼、WUJA BIN BIN、ex在日ファンク)&上運天 淳市(WUJA BIN BIN、東京中低域)によるサックスデュオ『YJSAXDUO』。ライブハウス、カフェ等の場所で演奏するだけでは収まらず、駅、地下鉄、オフィス、雪山、キャンプ場で神出鬼没なゲリラライブを繰り広げる謎の2人組。今回のライブではLaforet Marketに居ながら世界中のクリスマスを疑似体験できます。

所要時間:30分程度 開催日時:12月17日(日)14:00~

 
Gossette Tape Records(ハンドメイドカセットテープレーベル&ミュージシャン) 「サックスであなたを表現します(Christmas Edition)」

似顔絵を描くように、あなたの雰囲気をイメージした音楽を、YJSAXDUOの2人が目の前で即興演奏し、カセットテープに録音するワークショップ。世界で1本だけのオリジナルChristmasカセットテープを製作します。
参加料金:2,000円(税込) 定員:先着10名様
所要時間:5~10分程度 ※希望者多数の場合お待ちいただく場合がございます
開催日時:12月17日(日)15:00~
申込方法:会場へ直接お越しください

■「Laforet Market vol.2 “Christmas”」開催概要

・タイトル: Laforet Market vol.2 “Christmas”

・開催期間: 2017年12月16日(土)~12月17日(日)

・時間: 11:00~19:00(入場は18:30まで)

・入場料: 無料

・会場: ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿 6F)

・主催: ラフォーレ原宿

・アートディレクション: 池田充宏(DRAWER inc.)

・会場構成: 山本和豊(dessence)

・企画・制作: アッシュ・ペー・フランス株式会社 場と間事業部

■「Laforet Market vol.2 “Christmas”」出店者一覧

<FASHION>

Alfredo Gonzales、CAPH troupe、drama H.P.FRANCE、KIAN_Jewelry、MARTE/madder madder、on the sunny side of the street、OTOE、Six COUP DE FOUDRE、spoken words project、TYPE

<LIFESTYLE>

‘ala Lehua、Archèoiogie、CIRCLE&LINE、G.BOAT、GOOD DAY、LTshop、It’s so easy、SLOW HOUSE、WANOWA

<CREATOR>

amrta、KIAN、ma.macaron、KOPI PANAS

<FOOD&DRINK>

amefri chai & craft、CASICA、COFEE SUPREME、Départ、Lanterne、omusubinatsuki、panya ashiya tokyo、TAYORI、TEA TIME TAILOR

<OTHER>

BOOK AND SONS(BOOK)、irotoiro(FLOWER)

 約40 ブース

■「BATOMA AUDITION」概要

「Laforet Market」では、“クリエイションに出会う場所” として出店者の水準を保ち、新たな才能を発掘するため、すべての出店希望者を対象にアッシュ・ペー・フランス株式会社 場と間 による「BATOMA AUDITION」を開催。随時応募を受付けております。今回は、第3弾での出店者を募集しております。詳細は、場と間公式HPをご確認ください。

・今後の開催予定

 第3弾:2018年3月17日(土)、18日(日)

 第4弾:2018年6月23日(土)、24日(日)

・場と間公式HP: www.batoma.com

・オーディション応募先: batoma_audition@hpgrp.com

 





コメントを残す