「泉南あなご」ブランド化 泉南市と漁協、ホテルが連携 8店で料理提供 … – 産経ニュース

Home » イベント » 「泉南あなご」ブランド化 泉南市と漁協、ホテルが連携 8店で料理提供 … – 産経ニュース
イベント コメントはまだありません



 漁獲量が減少している大阪府泉南市の名物、アナゴを復活させようと近畿大学の協力を得て養殖に取り組んでいる市と地元の岡田浦漁業協同組合が、ホテル日航関西空港(泉佐野市)と協定を結び、市のブランド品「泉南あなご」として売り出していく。10日まで市内8店で養殖アナゴの料理を提供しており、関係者は「手塩にかけて育てたアナゴ。ぜひ堪能してほしい」と話している。

 泉南市はかつてアナゴの水揚げが府内1位を誇っていたが、平成16年に140トンあった漁獲量は、26年には10分の1の14トンにまで激減。伝統のアナゴを絶やしてはいけないと、27年度から近大水産研究所の協力で養殖事業に取り組んでいる。今年度は500キロ5千匹の養殖に成功するなど良質なアナゴの販売にめどがついたことから、地元食材をレストランで積極的に使っている同ホテルと連携してアナゴのブランド化を図ることにした。

 今回の「泉南あなごPR大作戦!2017 食べに来てや!泉南あなご」と銘打ったイベントには同市内の飲食店8店が参加し、数量限定でアナゴ料理を振る舞う。イベントに先立って開かれた関係者向けの試食会では、すき鍋や薄(うす)造り、まるごと1匹を使った握りずしなどの料理が用意され、同ホテルの高橋信行総支配人は「身が締まって甘みがあり、臭みはない。非常に上品な味わいで、喜ばれるのでは」とすっかり気に入った様子。

 アナゴを煮込んでトマトソースと合わせたパスタなどのアナゴづくしコース(3千円)をイベントで提供する「イタリアンレストラン ヌーノ」(泉南市樽井)のオーナーシェフ、鈴木浩介さんは「味がしっかりしている。安定供給されるようになれば、店の名物にしたい」と話していた。

 参加店舗などの問い合わせは岡田浦漁協(電)072・484・2121。





コメントを残す