オンワードの17年3~11月純利益2%増 秋冬商品が好調 – 日本経済新聞

Home » 撤退 » オンワードの17年3~11月純利益2%増 秋冬商品が好調 – 日本経済新聞
撤退 コメントはまだありません



 オンワードホールディングスが12日発表した2017年3~11月期の連結決算は、純利益が71億円と前年同期比で2%増えた。例年よりも寒い日が続き、婦人向けの主力ブランドで秋冬商品が好調だった。前期に不採算ブランドから撤退し、採算も改善した。店舗数の減少が響き、売上高は微増の1808億円だった。

 経常利益は31%増の78億円だった。利益率の高いネット通販の売り上げが4割ほど伸びた。「23区」や「自由区」など主力ブランドでは、ダウンやコートなど重衣料が人気だった。不採算店舗の閉鎖に伴い、賃借料など販管費も減少した。

 冬のセールの販売動向を見極めたいとして、18年2月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比2%減の2393億円、純利益は12%増の53億円を見込む。オンワードは冬のセールを開催する第4四半期に赤字を計上する傾向がある。





コメントを残す