レーシングチームからレーシングスポーツブランドへ、「ARTA」21年目の進化【東京オートサロン2018】 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

Home » 原宿 » レーシングチームからレーシングスポーツブランドへ、「ARTA」21年目の進化【東京オートサロン2018】 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)
原宿 コメントはまだありません



  • 2018/01/12
  • MotorFan編集部

ARTA・プレスカンファレンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社オートバックスセブンがスポンサーとなっているモータースポーツチーム「ARTA(エー・アール・ティ・エー=オートバックス・レーシング・チーム・アグリ)」は参戦から21年目という節目を迎えるにあたり、レーシングチームとしての活動から一歩踏み出したスポーツブランドとしての戦略を始めることを明かした。(PHOTO&REPORT:石川順一)

ドライバーはトップアスリート

「レーシングチームとしてのこれまでの活動に加え、レーシングスポーツブランドとして進化します」

と新たなスタートへの思いを語ったのは株式会社オートバックスセブンの執行役員兼マーケティング担当の小曽根憲氏。

レーシングドライバーが本来持つ力強いアスリートとしてのイメージを前面に押し出すことで、先発のスポーツブランドと勝負していく。

力強さにこだわった世界観

そこで昨年まで「ARTA Project」というチームの呼称もあえて「ARTA」という言い切った形に変え、ロゴも一新。

ブランドイメージもシビアな戦いに身を置くアスリートの表情やかっこよさにスポットを当て、一流のアスリート感を醸成するという。

アパレルやグッズもこれまでのチーム応援グッズにとどまらない、機能性が高く

普段使いも考えられた、ファッショナブルなデザインのものを展開。スポーツブランドに負けないファンの獲得を目指す。最終的には裏原宿のようなファッションに敏感な若者の支持を得たいといい、ARTAがどのようなファッションブランドになるかも目が離せなくなりそうだ。

新しいブランディングの開始は4月から。東京オートサロンでは先行して新デザインのARTAグッズを販売中なので、今期のGTマシンと合わせてぜひチェックしてほしい。【中ホール6】

自動車業界の最新情報をお届けします!





コメントを残す