タブーだらけのフードロス問題に私があえて斬り込むワケ – WEDGE Infinity

Home » 青山 » タブーだらけのフードロス問題に私があえて斬り込むワケ – WEDGE Infinity
青山 コメントはまだありません



WEDGE REPORT

2018年3月13日

»著者プロフィール

著者
閉じる

荻野みどり (おぎの・みどり)

株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役社長

福岡県出身。2011年第一子を出産。娘が4カ月のときにお菓子ブランド“BROWN SUGAR 1ST.”を立ち上げた。地元福岡の障がい者福祉施設やママたちにお菓子を作ってもらい、東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットで販売をスタート。製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、バターやマーガリン、ショートニングに代わる油としてココナッツオイルに出合い、2013年に株式会社として法人登記し、輸入・卸をスタート。ココナッツオイルブームの火付け役とも言われている。

[執筆記事]


本日放送の『ガイアの夜明け』(テレビ東京・3月13日(火)22:00~22:54)で、倉庫に眠る約1万個の廃棄食品の映像公開を決断した株式会社ブラウンシュガーファーストの荻野みどり社長。非難が殺到するかもしれないと恐れつつも公開を決断した背景には、食品業界全体がフードロス問題に真正面から取り組むきっかけをつくりたい、という切実な思いがある。(編集部)


荻野みどり氏(株式会社ブラウンシュガーファースト 代表取締役社長):福岡県出身。2011年第一子を出産。娘が4カ月のときにお菓子ブランド“BROWN SUGAR 1ST.”を立ち上げた。地元福岡の障がい者福祉施設やママたちにお菓子を作ってもらい、東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットで販売をスタート。製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、バターやマーガリン、ショートニングに代わる油としてココナッツオイルに出合い、2013年に株式会社として法人登記し、輸入・卸をスタート。ココナッツオイルブームの火付け役とも言われている。


テレビで廃棄食品の山を公開する理由


 今夜放送される『ガイアの夜明け』で、当社の廃棄される在庫の山を公開します。正直、最後まで悩みました。ネットで炎上するかもしれない、業界の足並みを乱したと関係者の反感を買うかもしれない。目に見えない恐怖といまも戦っています。でも、実際に何が起きているのかを映像で見てもらわないかぎり、この問題を解決に向かわせることはできないと思い、意を決して公開に踏み切りました。


 私は娘を出産した直後の2011年9月に、ブラウンシュガーファーストを創業しました。企業理念は、「わが子に食べさせたいかどうかを基準に食材を厳選する」。はじめは手作りのお菓子を一つ一つファーマーズマーケットで手売りしていましたが、より良い食材を探すうちにココナッツオイルと出合いました。「これを全国のお母さんたちに届けたい」と勇んで飛び込んだ食品流通業界。その良さや使い方をメディアや小売店に伝えるうちにブームとなり、創業から3年で3000店舗もの小売店でお取り扱いいただけるようになりました。


「棄てたくて始めたわけじゃない」


リスクを承知でテレビでの公開を決意した倉庫に眠る廃棄食品の山(写真:ブラウンシュガーファースト提供)


 より良い食の選択肢として、オーガニック食品を日本の食卓に届けたいとの一心でがむしゃらに走り続けてきた結果、気づけば大量の在庫の山を抱え、売れ続けている人気商品でも厳しい業界ルールによりそれを棄てなければならない状況に陥っていました。娘には「ご飯を残さず食べなさい!」と言っておきながら、母である私が商売で大量の食料を廃棄するという矛盾。自己嫌悪に襲われ、こんなことなら会社を畳んだ方がよいのでは……と真剣に悩みました。そこで同業他社の方々に相談してみると、多かれ少なかれ皆さん同じ悩みを抱えていることを知りました。


 日本で排出される食品廃棄物は年間2775万トン。このうち、まだ食べられるのに捨てられている「食品ロス」は621万トンあります*。これは1300万人の東京都民が1年間に消費する量に匹敵します。小さな当社が店仕舞いしたところで何も解決しない。であれば、お母さん目線で残したい“食の未来”を作ろうと2017年7月、「#食べ物を捨てない日本計画」というプロジェクトを立ち上げました。中心にあるのは、「子どもたちの未来に食料を廃棄するような食文化を残したくない」という想いです。


*出典:環境省「我が国の食品ロス・食品廃棄物等の利用状況等(平成26年度推計)」






コメントを残す