頚城建工、家具のリビングハウスとコラボ – リフォーム産業新聞

Home » 青山 » 頚城建工、家具のリビングハウスとコラボ – リフォーム産業新聞
青山 コメントはまだありません



頚城建工、家具のリビングハウスとコラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加


LINEで送る

既存店を刷新、ドイツ家具「KARE」展示

 新潟県内に7つのリフォーム店舗を展開する頸城建工(新潟県上越市)は3月10日、新潟市内にある「青山スタジオ」を家具・インテリアを軸にした新ショールームにリニューアルした。

頚城建工 新潟市内の「青山スタジオ」をリニューアル新潟市内の「青山スタジオ」をリニューアル

 約100坪の店内にはリビング、ダイニングなど、11の生活シーンを体感できるモデル空間をつくった。空間にはキッチン、トイレなどの住設に加えて、数百点の家具をコーディネートした点が特徴。特にドイツの人気家具ブランド「KARE(カレ)」を数多く展示。

 家具選定、空間づくりをプロデュースしたのが大阪のインテリアショップ、リビングハウス(大阪市)。同社は直営で家具販売を手掛ける他、家具事業を展開したい会社をサポートする事業を展開。リフォーム会社とのコラボ店は初となる。

 頸城建工の福田孝則社長は狙いをこう語る。「モノだけ売っていると価格競争になります。空間として提案することで他社と差別化が図れると考えています」

 同社は「アクト」ブランドでリフォーム事業を展開。改修売上高は約21億円。





コメントを残す