近鉄百貨店奈良店に「大和路」オープン 県産品の魅力を内外に発信 – 産経ニュース

Home » 百貨店 » 近鉄百貨店奈良店に「大和路」オープン 県産品の魅力を内外に発信 – 産経ニュース
百貨店 コメントはまだありません



 近鉄百貨店奈良店(奈良市)の地下1階に14日、奈良の酒や和洋菓子など、県の地域産品を専門に取り扱う売り場「大和路」がオープンした。同じフロアには、県産野菜・果物の青果店「大和情熱野菜」も開店。奈良ならではの魅力を「食」を通して県内外に発信する。

 大和路では奈良の蔵元30蔵の清酒をはじめ、ジャムやしょうゆ、ハチミツなど、県内生産者のこだわりが詰まった逸品を常時約760品目取り扱う。また、店内には酒に合う料理と奈良の酒を楽しめる有料の試飲コーナーを設置。生産者が店頭で試食販売をするイベントもあり、自宅用としても土産としても、納得のいく一品が見つかるはずだ。

 この日の午前に開かれたオープニングセレモニーには、奈良市の仲川げん市長が出席。「魅力的な商品が一堂に会し、地域経済発展の大きな可能性を秘めている。奈良が持つブランド力や価値の発信拠点となってほしい」と期待を込めた。

 大和路でさっそく日本酒を購入した奈良市の無職、小田忠さん(70)は、「燻製(くんせい)商品など酒のつまみも充実している。近いうちにまた来たい」と話した。





コメントを残す