IGAS2018 メディアカンファレンス開く – ニュープリンティング

Home » ブランド » Next » IGAS2018 メディアカンファレンス開く – ニュープリンティング
Next コメントはまだありません



日本印刷産業機械工業会とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会は3月15日、7月26日から31日までの6日間、東京ビッグサイトで開催されるIGAS2018のメディアカンファレンスを開催し、海外印刷関連メディアを招いて、IGASの概要と出展者10社によるプレゼンテーションを行った。

IGAS2018は、「Venture into the Next!―変わる印刷、変える未来―」を統一テーマに、印刷会社の顧客であるブランドオーナーの視点に立った、印刷及びクロスメディアにおけるテクノロジーとソリューションを発信する。また、アジアを中心とした海外来場者数を大幅に拡大し、6日間で57,000人の来場者を見込む。3月14日時点で、出展者数285、小間数2,605となっている。

会期中には、最新技術トレンドやビジネス活用のパネルディスカッションやセミナーが開催されるほか、スタンダード、トータルトレンド、テーマフォーカスの3つのコースの会場ツアー、フレキソや東京都中小企業振興公社、大学研究膣などのテーマゾーン、小ロット対応のユニークな技術製品を集めたスモールスタートゾーン、日本印刷産業連合会と会員10団体で実施されている様々なコンテスト受賞作品を展示するJAPAN PRINTING EXHIBITION(JPEX)などを企画している。

メディアカンファレンスでは、IGAS2018の概要説明に続き、プレゼンテーションで、小森コーポレーション、ホリゾンインターナショナル、リョービMHIグラフィックテクノロジー、富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ、HP、SCREENグラフィックソリューションズ、リコー、コニカミノルタジャパン、キヤノン、ミヤコシが出展コンセプトや出展機を紹介した。





コメントを残す