長野・松本のスイーツ「ミソラサンド」銀座で販売 :日本経済新聞 – 日本経済新聞

Home » 銀座 » 長野・松本のスイーツ「ミソラサンド」銀座で販売 :日本経済新聞 – 日本経済新聞
銀座 コメントはまだありません



 長野県松本市の菓子店や飲食店などでつくる「松本スイーツ開発・普及事業実行委員会」(事務局=松本市)は14日から、共同開発した新スイーツ「ミソラサンド」を長野県の首都圏アンテナショップ「銀座NAGANO」で販売する。県外で売り出すのは初めて。江戸時代から続く菓子の街の新商品としてPRする。

 ミソラサンドは市内の事業者が約1年かけて開発した商品。みその街でもある松本のみそで作った「味噌キャラメル」を中身に、2枚の皮ではさんである。皮はブッセにしたり、どら焼きにしたり、パイ生地で包んだりするなど各事業者で工夫しており、全部で6種類の商品がある。

 販売価格は1個230円。6個入りの箱入り品で1530円。箱入りの場合は松本スイーツをデザインしたコースターを贈る。販売期間は約1カ月を予定している。

 松本市は江戸時代の城下町に30軒を超える菓子店が存在していたとされている。現在も半生菓子で全国有数の産地として知られている。





コメントを残す