【市況】東京株式(前引け)=反発、米株高と円安などを好感 – 株探ニュース

Home » ブランド » ファーストリテイリング » 【市況】東京株式(前引け)=反発、米株高と円安などを好感 – 株探ニュース
ファーストリテイリング コメントはまだありません



日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

 13日前引けの日経平均株価は前日比111円41銭高の2万1771円69銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は8億2840万株、売買代金概算は1兆2939億5000万円。値上がり銘柄数は1150、対して値下がり銘柄数は848、変わらずは84銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場はリスクを取る動きが再燃、日経平均は反発に転じた。前日の米国株市場ではシリア情勢を巡る地政学リスクへの懸念がやや後退、NYダウが大幅高となったほか、トランプ米大統領がTPP復帰に向け前向きな姿勢を示していることも追い風材料となった。外国為替市場では、1ドル=107円台半ばまで円安傾向で推移していることも輸出株中心に有利に働いている。ただ、2万2000円近辺では戻り売りも厚く、前場終盤は上げ幅を縮小している。なお、きょうはオプションSQ算出に絡み商いが膨らんでおり、前場の売買代金は1兆3000億円近くに達した。

 個別では、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクが高く、任天堂<7974>、ファナック<6954>なども値を上げた。ファーストリテイリング<9983>も買い優勢。インターアクション<7725>が急騰、IDOM<7599>も高い。マネックスグループ<8698>も活況高となっている。半面、資生堂<4911>が安く、武田薬品工業<4502>も冴えない。安川電機<6506>も売りに押されている。ディップ<2379>が大幅安、メディアドゥホールディングス<3678>も利食われた。リンクアンドモチベーション<2170>が大きく下落したほか、ヤマダ・エスバイエルホーム<1919>も軟調。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)





コメントを残す