イケメン俳優・赤楚衛二の演技力に絶賛の声が集まる! – ジェイタメ

Home » ブランド » サマンサ・タバサ(Samantha Thavasa) » イケメン俳優・赤楚衛二の演技力に絶賛の声が集まる! – ジェイタメ
サマンサ・タバサ(Samantha Thavasa) コメントはまだありません



イケメンは見ているだけで心躍るものだが、そこに高い演技力が加われば何十倍も楽しませてもらうことができる。俳優として演技力が光るイケメンは、より特別な存在として視聴者の記憶に残るはず!

そのことを実感させてくれたのは、5月6日放送回の特撮テレビドラマ『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)にて、仮面ライダークローズに変身する万丈龍我役を演じる俳優・赤楚衛二(あかそえいじ)だ。

龍我は友のため、敵の仮面ライダー、エボルトと戦うことになり、変身して激戦を繰り広げる。しかし強力な攻撃を防ぎきれず、強制的に変身が解除されてしまう。それでも必死で立ち上がった龍我は、危険を覚悟のうえで再度変身し、戦いを再開させた。

お互いが渾身のライダーパンチを激突させたときに発生した閃光が薄れたあと、そこに立っていたのは変身を解除した龍我のみで、エボルトの姿はなかった。「龍我が勝ったのか?」と思った矢先、龍我が不審な行動をする――。

なんと、龍我の姿をしているのに、その中身はエボルト! それはセリフや行動でもわかったが、なにより龍我の表情や雰囲気が一気に変わってしまったのだ。

龍我の見た目をしているにも関わらず、龍我ではない。表情がエボルトとよく似ており、その後の変身ポーズも完コピと言えるレベルでエボルトになっている。見た目を変えずに表情や雰囲気だけで別人になる演技力に、思わず言葉を失ってしまった!

ネット上でも、「赤楚くんの演技凄すぎて完全に万丈じゃなくなってる」「エボルト憑依したときと万丈の表情めっちゃ違うぅぅぅぅ」「乗っ取られた万丈、マスターの顔っぽい表情で表現してる赤楚さんすごいわ、ってなった。」など、ファンは赤楚の演技力に絶賛している。

赤楚衛二は1994年3月1日生まれ、愛知県出身。テレビドラマ『模倣犯』(TXN系)や映画『きょうのキラ君』などをはじめ、舞台やCMなどでも活躍中だ。

俳優として確固たる実力を発揮してくれる赤楚衛二。麗しい見た目に負けない迫力の演技力で、今後もファンを楽しませてほしい。

<本文/神之れい>

*画像参照
1. 赤楚衛二公式Twitter

2. 赤楚衛二公式Instagram

3. 赤楚衛二公式Instagram





コメントを残す