アカデミー賞ノミネート日本人監督作アニメ、オタクカップルがやばい事件に? 【週末の短編映画】 – ニフティニュース

Home » ブランド » ポーター(PORTER) » アカデミー賞ノミネート日本人監督作アニメ、オタクカップルがやばい事件に? 【週末の短編映画】 – ニフティニュース
ポーター(PORTER) コメントはまだありません



ショートフィルムを無料配信するライフスタイルウェブメディア「ブリリア ショートショートシアター オンライン(Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE)」が旬のショートフィルムを紹介する金曜日連載「週末の短編映画」。今週は、『犯罪オタクのカップル(原題:Something Left, Something taken)』。アメリカで活躍する桑畑かほる監督が手掛けた傑作アニメーションです。

《あらすじ》
「犯罪現場では何かが残り 何かがなくなる」。犯罪マニアのカップルが出くわした未解決連続殺人事件の犯人…

《解説》
ストップモーションアニメの『ネガティブ・スペース』で第90回米国アカデミー賞短編アニメ映画賞にノミネートされた、Ru Kuwahataこと桑畑かほる監督。アメリカを拠点に、夫のマックス・ポーター監督とアニメーション作家ユニット「Tiny Inventions」として活動し、2010年に制作された本作では夫婦で声の出演をしています。

緻密な背景や小道具、照明、そしてキャラクター。実写とCGの融合によって生まれる“現実と非現実の境目がわからない”映像は、観る人を独特な世界観に没入させます。アイディアは監督の実体験や実在する出来事をもとに構成され(作中に出てくるゾディアック事件も実際にサンフランシスコで起こった未解決連続殺人事件)ています。その “すぐそばにありそうで全く知らない世界”にドキドキすること間違いなしです。

【作品情報】
『犯罪オタクのカップル(原題:Something Left, Something taken)』
監督:Max Porter & Ru Kuwahata
制作国:アメリカ
ジャンル:アニメーション
制作年:2010
上映時間:10分

「Brillia SHORTSHORTS THEATER ONLINE」にて期間限定配信中。
URL:?https://sst-online.jp/





コメントを残す