「ディズニー×コーチ」第3弾! スチュアート・ヴィヴァースが語る、ディズニーへの愛 – ELLE ONLINE(エル・オンライン)

Home » ブランド » コーチ(COACH) » 「ディズニー×コーチ」第3弾! スチュアート・ヴィヴァースが語る、ディズニーへの愛 – ELLE ONLINE(エル・オンライン)
コーチ(COACH) コメントはまだありません



Photo:Courtesy of Coach

――このコレクション以外にも、みんなが心待ちにできるようなものが今年「コーチ」から発売されますか?

もちろん! もう発表されていると思うけれど、2018年9月にセレーナ・ゴメスとデザインしたコレクションがローンチされるよ。みんなに見てもらえるのが待ちきれない。昨年はバッグをデザインしたけれど、今年はフルコレクションを作ったんだ。レディ・トゥ・ウエアから、バッグはもちろん、アクセサリーも含まれているから、みんなに見てもらえるのをとても楽しみにしているよ。

 

――セレーナと洋服をデザインするのは今回が初めてですか?

そうだよ。頭の先からつま先までのルックを彼女に考えてもらえるのは、とても特別に感じた。彼女の服へのアプローチはとてもパーソナルなものだったよ。彼女が本当に着たいアイテムと、本当にしたいルックを作ったんだ。

――デザイナーとして輝くセレーナを目にするのはどうでしたか? 昨年もコラボしていましたが、今もコラボしていますよね。

セレーナは音楽でも映画でも、明らかにとてもクリエイティブな人だからとても楽しいよ。でも、コラボはとても直観的なものだ。ぼくらはふたりともクリエイターとして一緒にいるからね。彼女は創作過程にとても慣れているから、とても簡単で、とてもオーセンティックな作業だったよ。

――セレーナはディズニーチャンネル出身です。機会があったら一緒にディズニーコレクションをやりたいですか?

今の段階では、このことについて話したことはないね。だから、ノー。

――最後に、一番難しい質問をしますね。ディズニーでいちばんお気にいりの映画は何ですか?

わぁ、難しいね。クラシックなアニメ映画のなかでは『白雪姫』って言っていいと思う。色合いが本当に魔法のようなんだ。でも、自分が人生のどの段階にいるのか、気分はどうか、それによって答えは変わるよ。ここがディズニーのマジカルなところだ。





コメントを残す