東京・渋谷「Supreme」の警備員暴行で中国人グループ逮捕!悪質「転売ヤー」 – J-CASTニュース

Home » 渋谷 » 東京・渋谷「Supreme」の警備員暴行で中国人グループ逮捕!悪質「転売ヤー」 – J-CASTニュース
渋谷 コメントはまだありません



   今年3月(2018年)、東京・渋谷の人気ファッションブランド「Supreme」の店先で、列への割り込みなどを注意した警備員が集団で暴行された事件で、警視庁は中国籍の職業不詳、張振龍容疑者(23)ら18~26歳の6人を傷害の疑いで逮捕した。

   張らはパイプ椅子や傘で警備員を殴打し、頸椎や背中に全治2週間のけがを負わせた。付近の防犯カメラに暴行の様子が写っていた。

日本で大量買いして中国の通販サイトでぼろ儲け

tv_20180517153803.jpg

   最近、日本で安く買った人気商品を中国の通販サイトで高値で売る転売ビジネスが頻発していて、店側とのトラブルが増えている。渋谷の事件は中国の「環球時報」にも「転売ヤー」と報じられた。転売ヤ―は「転売」と買い付けを意味する「バイヤー」を合わせた造語だ。

   中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰氏は「並んでいる中国人は学生が多いです。日本での仕事探しが難しく、転売が生活の基盤になっている」と解説している。

   高木美保(タレント)「でも、地道にアルバイトしている人はたくさんいますよ」
たしかに、暴行現場の映像を見ると、暴言を交えた殴るけるの暴行は、学生というよりゴロツキだ。





コメントを残す