「ルイ・ヴィトン」が2018年W杯 ロシア大会の優勝トロフィー専用ケースを製作 – WWD JAPAN.com

Home » ブランド » ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) » 「ルイ・ヴィトン」が2018年W杯 ロシア大会の優勝トロフィー専用ケースを製作 – WWD JAPAN.com
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON) コメントはまだありません



 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は国際サッカー連盟(FIFA)とのプロジェクトの一環で、6月14日に開幕する2018年FIFAワールドカップ ロシア大会(2018FIFA World Cup Russia以下、W杯)の優勝トロフィーを運ぶ専用ケースを製作した。「ルイ・ヴィトン」がケースを製作するのは、10年の南アフリカ大会からで今回が3回目。職人がアトリエで手作業により製作したもので、金具にはチタンが使用されたり、外側にはアイコニックなモノグラムが施されたりとブランドらしさ溢れるケースとなっている。またこれに合わせてアディダス(ADIDAS)とも協業し、1970年以降のW杯で使用された13個の公式試合球と「ルイ・ヴィトン」がデザインしたサッカーボールが収められた限定トランク“FIFA WORLD CUP OFFICIAL MATCH BALL COLLECTION TRUNK”も製作した。

 さらに、一般的なサッカーボールのパネルをモチーフとした2型のバッグと革小物からなるコレクション“LOUIS VUITTON 2018 FIFA WORLD CUP OFFICIAL LICENSED PRODUCT COLLECTIO”も発表。素材に「ルイ・ヴィトン」の“エピ”と呼ばれる3D感のあるレザーを使用した“キーポル・ バンドリエール”(47万5000円)と“アポロ・バックパック”(38万4000円)の2型のバッグ、財布やネームタグなど4型の革小物(3万4000~12万円)は、全てに3代目当主のガストン-ルイ・ヴィトン(Gaston Louis Vuitton)が使用していたトランクにあしらわれていた“L.V”のレタリングがフットボールクラブのチームバッジ風に施されている。W杯の開幕に合わせた14日から、「ルイ・ヴィトン」一部店舗と公式オンラインストアで取り扱う。

 なお、W杯の公式タイムキーパーは、「ルイ・ヴィトン」と同じくLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン傘下の「ウブロ(HUBLOT)」が務め、審判全員が「ウブロ」のスマートウオッチ“ビッグ・バン レフェリー 2018 FIFA ワールド カップ ロシア”を着用することになっている。





コメントを残す