モメンタム、アドフラウド対策ソリューション「Black Heron」を株式会社fluctのSSP「fluct」へ 提供開始 – ニコニコニュース

Home » 青山 » モメンタム、アドフラウド対策ソリューション「Black Heron」を株式会社fluctのSSP「fluct」へ 提供開始 – ニコニコニュース
青山 コメントはまだありません



Momentum株式会社(以下、モメンタム)は、アドフラウド(注1)対策ソリューション「Black Heron」を、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役CEO:土井 健)の提供するSSP「fluct」へ提供を開始しました。
順次、SSP「fluct」をご利用の媒体社において「Black Heron」による広告枠のモニタリングを開始し、人でなく機械によるインプレッションやクリックなどによる不正な広告表示が行われた広告枠を検知した際は、「fluct」の管理画面より速やかに媒体社に通知を行ってまいります。

これにより、広告主の無駄なコストを削減して負担を軽減すると同時に、広告枠の透明性・健全性を保つことで、「fluct」をご利用の媒体全体の信頼性向上に貢献してまいります。

<サービス提供に至った背景>
昨今、著作権侵害の疑いのある海賊版サイトの存在が社会問題となっています。アドフラウドと呼ばれる広告詐欺の手法も巧妙化しており、専門的な知識とソリューションを活用した対策が急務となっている状況です。
モメンタムの調査によると、国内のディスプレイ広告におけるインプレッションの3~10%、クリックの8~15%程度が不正な行為によって発生しており、こうした行為によって表示される広告は広告主にとって誰もいない廃墟にチラシを届けることと同じくらい意味のない無駄なコスト負担となっています。
また媒体社側においては、広告収益の機会を失うだけでなく、広告主からの信頼を失い、入札の減少による広告枠の収益性の低下を招きかねません。そのため媒体社側でも、不正広告の掲載を防ぐ対策を行う必要があります。
そこで、インターネット広告配信環境の健全化・透明化に貢献すべく、モメンタムのアドフラウド対策ソリューション「Black Heron」を、SSP「 fluct」に提供を行うこととなりました。

モメンタムではこれまでも、アドフラウド対策やブランドセーフティ(注2)において世界最高水準の認定団体「Trustworthy Accountability Group(TAG)」の国内初の認定パートナーとして、TAG基準のアドフラウド対策、ブランドセーフティソリューションの開発・提供を行ってまいりました。

さらに、「Media Rating Council(MRC)」より認定を受ける欧州のアドベリフィケーション(注3)事業社Meetrics社とのパートナーシップにより、MRC基準のビューアビリティ計測にも対応したことで、全方位型で精度の高いアドベリフィケーションソリューションの開発・提供を行っております。

モメンタムは今後も様々な企業と積極的に連携を行いながら、広告配信事業者のみならず、広告主に対してもアドベリフィケーションの取り組みを支援するサービスの開発・運営に努めてまいります。

注1:アドフラウド
botなどを使い無効なインプレッションやクリックによって広告費用を騙し取る不正広告のこと
注2:ブランドセーフティ
広告が不適当な掲載場所に表示されることによるブランド毀損を防ぐこと
注3:アドベリフィケーション
広告主のブランド価値を保護し、ユーザーが認識できる場所に広告が掲載されるよう配信をコントロールする、広告価値毀損測定の仕組み。

■Trustworthy Accountability Group(TAG)についてhttp://tagtoday.net/
米国の「Trustworthy Accountability Group」(TAG)は、デジタル広告業界における不正行為の防止と安全性向上のため業界をリードする、世界的認証プログラムを提供しています。
TAGは不正なトラフィックの排除、マルウェアの駆除、インターネット上の海賊行為の防止、そしてデジタル広告の透明性の向上をミッションとして、広告業界における世界的トッププレイヤーの事業者が団結して組織された、デジタル広告における唯一の情報共有分析機関(ISAO)です。
TAGは、デジタル広告サプライチェーンの様々な企業との協力により、最高水準のガイドラインの制定を推進しています。

■Media Rating Council(MRC)について
米国の業界団体米Media Rating Council(MRC)は、メディア調査会社の監査や認定審査を行なう業界団体です。MRCは米広告業界団体IABとともにビューアブルインプレッションのガイドライン策定を推進しています。

【株式会社fluct】 https://corp.fluct.jp
fluctが提供する日本最大のSSP「fluct」(https://corp.fluct.jp/service/publisher/ssp/)は、国内で初めて開発されたSSPで、高度なアルゴリズムによるフロアプライス設定と配信比率調整、配信面精査などを行い、15,000以上のメディアやアプリに最適な広告配信を行います。現在、メディア・アプリの新たな収益源として期待の高いネイティブ広告や動画広告にも注力しており、RTB取引先を順次拡大しています。また、関心の高まっているブランドセーフやビューアビリティ、アドベリフィケーションなどについても、メディア向けブランドセーフ機能「fluct ListOffers」をはじめ、より広告主、メディア・アプリ、ユーザーにとって信頼性の高い広告取引が可能になるよう調査、開発を進めております。

事業内容:SSPの企画、開発、運営
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8階
代表取締役CEO:土井 健

【Momentum株式会社】 http://www.m0mentum.co.jp/index.html

モメンタムは、アドフラウド対策やブランドセーフティにおいて、世界最高水準の認定団体であるトラストワージーアカウンタビリティグループ「Trustworthy Accountability Group(TAG)」より認定を受けた国内初のアドベリフィケーションカンパニーです。「Media Rating Council(MRC)」より認定を受ける欧州のアドベリフィケーション事業社Meetrics社とのパートナーシップにより、ビューアビリティ計測にも対応したことで、アドフラウド対策、ブランドセーフティ、ビューアビリティ計測において精度の高いアドベリフィケーションソリューションの開発・提供を行っております。

事業内容:アドテクノロジー関連技術の開発
所在地:東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
代表取締役社長:高頭 博志

配信元企業:Momentum株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ





コメントを残す