今治最大級のタオルメーカーが、銀座に直営店をオープン。 – カーサ ブルータス

Home » 銀座 » 今治最大級のタオルメーカーが、銀座に直営店をオープン。 – カーサ ブルータス
銀座 コメントはまだありません



今治のタオルメーカー〈藤高〉が、柿木原政広、中村好文とコラボし、GINZA SIXのすぐ裏手に直営店を出店した。

愛媛県今治市といえば言わずと知れた、タオルの名産地。100社あまりの専門メーカーが現存するこの地で、もっとも古い歴史を誇るのが、1919年創業の〈藤高〉だ。

国内における生産売上高も第一位という藤高は、国産タオルの高い品質に対する誇りも強く、2006年に今治タオル再生プロジェクトが発足したときには、同社の藤高豊文社長が、組合理事長としてリブランディング事業を統括していたという。

そんな藤高が、東京・銀座に直営店〈FUJITAKA TOWEL GINZA〉をオープンした。究極のデイリーユースを目指した《HOUSE TOWEL》や、2本の糸の撚りを工夫し、柔らかさと耐久性を両立させた《ZUTTO》など、本店舗でしか手に入らないオリジナル商品がずらりと揃う。

独自に開発した糸は、柔らかいうえに、毛羽が出にくい仕組みに。糸がやせにくいので、ボリュームをしっかりとキープしてくれる。ハンドタオル800円、フェイスタオル1,800円、バスタオル4,500円。

アートディレクターの柿木原政広がロゴを全体のデザイン監修を担当。一方で、店舗の設計は、建築家の中村好文が古材をアレンジしつつ、ミニマルながら親密性を感じる雰囲気に仕上げている。

店内に使っている古材は、北米の高知で風除けフェンスとして使われていたもの。中村好文は、古材の風合いに洗いざらしのタオルのイメージを重ね合わせたという。

店内に揃うのは、糸一本のセレクトから、撚り方のこまかな工程に至るまで、とことんこだわったタオルばかり。このショップを訪れれば、そのクオリティの高さを、肌で直接感じとることができるはずだ。

〈FUJITAKA TOWEL GINZA〉

東京都中央区銀座7-12-1 藤高ビル1F TEL 03 6278 7752。11時〜20時。年中無休(年末年始を除く)。






コメントを残す