“エビちゃんの妹”が子ども服の新ブランド D2Cモデルで勝機 – WWD JAPAN.com

Home » 百貨店 » “エビちゃんの妹”が子ども服の新ブランド D2Cモデルで勝機 – WWD JAPAN.com
百貨店 コメントはまだありません



 エビちゃんの愛称で知られるモデル蛯原友里の妹で、ベビーマッサージのセラピスト蛯原英里が子ども服のネット専業ブランド「エクラージュ(ECRAGEE)」をスタートする。蛯原は自らも出資する新会社ベビーズアイランドを設立し、代表取締役CEOに就任した。取締役にはインスタ発のウィメンズブランド「ジュエミ(JUEMI)」の本間英俊クリエイティブ・ディレクターを迎え、インターネットを経由し、直接消費者に販売するD2C(Direct to Consumer、消費者直結型)ビジネスのノウハウを持ち込む。

 ベビーマッサージの “チャイルド・ボディ・セラピスト”の資格を持ち、自身も4歳のママである蛯原CEOは「ママ友との“ママ会”やお誕生日会に着せる服がないと思っていた。『エクラージュ』が重視しているのは、私も着せたいし、娘自身も着たい服」という。アイテムはフリルやオーガンジーを使ったチュールなど子ども服らしいかわいい要素をふんだんに取り入れながら、パステルカラーを使い上品なテイストに仕上げた。サイズは90、105、120で、主に幼児向け。ハートのバックプリントや後ろ姿の映えるエプロンドレスなど、子どもの顔を出さないことも多い“ママSNS”に配慮している。また、できるだけ長く着てもらえるように、エプロンドレスは長さを調節できるようにするなど、細かい部分にも気を配った。肌着には100%オーガニックコットンを使用している。

 価格はチュールのスカート8000円、ジップアップパーカ1万2000円、プリントのロンパース4900円、チュールを使ったヘッドピース4200円など。蛯原CEOは現在第2子を妊娠中だが、展示会では自らブースに立って説明を行った。「移動の合間を縫って、スマホでデザインアイデアの画像を探して送ったりもした。展示会には百貨店のバイヤーなどにも来ていただいて、来年2月にはポップアップショップも決まった」という。

 オンラインショップのスタートは8月中旬を予定している。本間英俊・取締役は「現在は一緒にブランドを盛り上げてくれる“ママインスタグラマー”を発掘中だ。今はひたすら毎日インスタグラムを見てDMでコンタクトしている」という。





コメントを残す