1.98mmの極薄ムーブメント「キャリバー6870」は芸術品だ – インフォシーク

Home » ブランド » セイコーウオッチ » 1.98mmの極薄ムーブメント「キャリバー6870」は芸術品だ – インフォシーク
セイコーウオッチ コメントはまだありません



薄さわずか1.98mm。国内はもとより世界的にも最高レベルの薄さと精密さを持つ薄型手巻きムーブメント、セイコーが世界に誇る「キャリバー6870」です。実用時計としての精度と性能はもちろん、工芸的な価値や美しさの追求にも日本人らしい矜持を感じさせる逸品です。

この秋、この「キャリバー6870」誕生25周年を記念した特別なモデルが25本の数量限定で発売決定。“飛翔”をテーマに、古くから繁栄を願って描かれてきた鳳凰の姿を表現した「<クレドール>シグノ 螺鈿ダイヤル キャリバー6870 25周年記念限定モデル」(250万円/税別)です。

▲「<クレドール>シグノ 螺鈿ダイヤル キャリバー6870 25周年記念限定モデル」

「キャリバー6870」の基本設計が生まれたのは1969年、以来セイコー高級ドレスウオッチブランド・クレドールをはじめ多くの高級機械式時計に搭載されてきました。その後一時的な開発中断を経て、1993年にクレドールの機械式時計として復活。その第1号として開発されたムーブメントが、ほかならぬ「キャリバー6870」です。





コメントを残す