腕時計 高価格品に活路 – 日本経済新聞

Home » ブランド » シチズン » 腕時計 高価格品に活路 – 日本経済新聞
シチズン コメントはまだありません



 国内の腕時計メーカーが70万~80万円、さらに100万円を超える高価格商品へのシフトを急いでいる。5万~20万円前後のミドルクラスは人工知能(AI)を使ったスマートウオッチなどと差別化ができなくなっているためだ。「職人技」を武器に付加価値を訴えるが、欧州の高級ブランドの壁はまだ高い。

 シチズン時計の生産子会社が運営する飯田殿岡工場(長野県飯田市)。社内外の技能大会で上位に入賞した「マイスター」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す