Koki,起用で女性たちが“ブルガリ不買宣言”!?「親の14光」「ゴリ押し半端ないって」 – ニフティニュース

Home » ブランド » ブルガリ » Koki,起用で女性たちが“ブルガリ不買宣言”!?「親の14光」「ゴリ押し半端ないって」 – ニフティニュース
ブルガリ コメントはまだありません



 話題の人物の起用は「逆効果」かもしれない!?

 木村拓哉と工藤静香の次女、Koki,が8月10日から日本初、世界最年少でブルガリのアンバサダーに就任することが発表された。

 Koki,は「イタリアを代表する世界的なハイジュエラーであるブルガリのアンバサダーに就任する事を大変光栄に思います」「温かく迎えてくださるブルガリ ファミリーの一員として、精一杯チャレンジを続けて行きたいと思います」と決意を語っている。

 しかし、彼女は5月にデビューしたばかりの新人モデル。誰がどう見ても、本人の実力とは思えないために、世間の反応も冷たい。

「母親の工藤が以前、ブルガリの300万円のスネークの金時計を着けていましたし、ブルガリにしてみればKoki,は上客の娘なのでしょう。それにしてもKoki,は、マダム層に好まれるブルガリを身に着けるには子どもすぎて違和感しかありません。そのため、女性が集まる掲示板では『静香のゴリ押し半端ないって』『親の14光』『ほかの頑張っているモデルたちは悔しいだろうな』と反感コメントで埋め尽くされています」(女性誌編集者)

 Koki,以上にイメージダウンになっているのが、彼女を起用したブルガリだ。ネット上では「ブルガリも堕ちたなぁ」「この子がブルガリの何を身に着けていても欲しいと思えない」と辛らつな意見が並び、中には「ブルガリ持つのが恥ずかしくなった」「気に入らないモデル使ってるときは、買わないようにしてる」と“不買宣言”まで飛び出す始末だ。

「16年にはティファニーとコラボした武井咲主演のドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)が放送されています。しかし、不倫を描いた内容だったため、女性視聴者からのクレームが殺到。視聴率も7%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と爆死し、ティファニーにとってはイメージダウンにしかなりませんでした。Koki,への逆風は、この時以上のように感じます」(芸能記者)

 Koki,が世の中に登場した際には、世間も絶賛や応援の声であふれていたが、この3カ月でここまで風向きが変わっていたとは、ブルガリも読み切れなかったようだ。





コメントを残す