経団連会長による就活ルール撤廃宣言、ユニクロ、楽天、自動車業界はどう受け止めた? – ハフィントンポスト

Home » ブランド » ファーストリテイリング » 経団連会長による就活ルール撤廃宣言、ユニクロ、楽天、自動車業界はどう受け止めた? – ハフィントンポスト
ファーストリテイリング コメントはまだありません



朝日新聞社

ヤフオクドームで開催された就職説明会に集まった学生たち=3月1日、福岡市中央区

自動車業界は?ユニクロは? 就活ルール廃止をどう見た

 経団連の中西宏明会長が、就活指針を取りやめる意向を示した。一方、企業側では、経団連に加盟しているかどうかで、反応に温度差も見られた。

 企業側の意見は分かれている。経団連の指針がなくなれば人材の獲得競争にプラスになると評価する声がある一方、唐突な方針転換が採用現場に混乱をもたらすと不安視する声も出た。

 次世代車の開発競争が激化する自動車業界は、経団連に非加盟のIT企業とも人材の争奪戦を繰り広げている。ある自動車大手の担当者は「自由度があがり、自社の魅力をアピールする機会が増える」と好意的だ。AGC(旧・旭硝子)の担当者も「海外の学生の採用も広がるなか、通年採用のあり方を考えるきっかけになる」と前向きに受け止めている。

 一方、すでに指針に縛られていない企業は静観する構えだ。2011年に経団連を脱退した楽天は、エンジニアを通年で、その他の職種も4月・10月入社で採用活動をしていて「現時点で特段の影響はない」(広報)。ヤフーの広報担当者も「新卒、既卒ともに通年採用をしているため大きな影響はない」と話した。

 衣料品チェーン「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングも経団連に加盟せず、すでに学年を問わずに通年採用している。広報担当者は、指針がなくなって競合が増える可能性もあるとしつつも、「経団連の今後の動きを注視したい」と話すにとどめた。

(朝日新聞デジタル 2018年09月03日 23時27分)

関連ニュース






コメントを残す