石井がIWGP前哨戦で大暴れ 仲間もろともオメガを排除 – GignoSystem Japan, Inc. (風刺記事) (プレスリリース) (ブログ)

Home » ブランド » オメガ » 石井がIWGP前哨戦で大暴れ 仲間もろともオメガを排除 – GignoSystem Japan, Inc. (風刺記事) (プレスリリース) (ブログ)
オメガ コメントはまだありません



『Road to DESTRUCTION』東京・後楽園ホール(2018年9月8日)
○矢野通&石井智宏&ウィル・オスプレイvsケニー・オメガ&飯伏幸太&高橋裕次郎×

 石井がIWGPヘビー級王座戦の前哨戦でオメガと火花。燃える石井は、残りの5人が髪を引っ張って連なった場面に参加せず、仲間もろともオメガをショルダータックルで豪快に吹き飛ばした。

 第6試合は9・15広島のIWGPヘビー級選手権試合「(王者)オメガvs石井(挑戦者)」の前哨戦。オメガが飯伏&裕二郎と、石井が矢野&オスプレイとそれぞれ組んで対戦した。昨日(7日)の後楽園でも両者は対戦。タッグマッチながら、タイトルマッチ顔負けの激闘を繰り広げたが、最後はオメガ&飯伏のゴールデン☆トリガーが石井のパートナーだったオスプレイにさく裂し、王者組が勝利している。

 オメガと石井が先発すると、ゴング直後からにらみ合う。すると、背後から裕二郎が奇襲。2人がかりで飛びかかるが、石井はショルダータックルで返り討ちにすると、逆水平を連打した。

 タッチをもらったオスプレイは飯伏を挑発すると、2人が向かい合う。飯伏は昨日の試合後、オスプレイとのシングルマッチに興味を示していた。2人はスピーディかつ高さのある攻防を繰り広げて、場内を何度も沸かす。ここでは競り負けたオスプレイだったが、再び飯伏が相手になると、フランケンシュタイナーを不時着して切り返し、ハンドスプリング式オーバーヘッドキックを叩き込んだ。

 ここで、オメガと石井が再び相対する。エルボーを連射した石井は、フロントハイキックを食らっても意地になって倒れない。ならばとオメガはVトリガーを放つが、石井は回避。その石井のラリアットも空転すると、2人は額を付けてにらみ合った。そしてエルボー合戦に雪崩れ込むも、飯伏が介入。石井の背中をミドルキックで蹴り飛ばすと、ゴールデン☆ラヴァーズが連係攻撃へ。時間差リープフロッグから飛びかかるが、石井はショルダータックルやパワースラムで2人を返り討ちにした。だが、直後にオメガはコタロークラッシャーを見舞って、戦いは痛み分けに終わる。

 やっと試合権を得た矢野は、裕二郎の後ろ髪を鷲づかみにするが、同じように髪を掴んで飯伏、オスプレイ、オメガが連なる。残る石井がリングに入るが、鬼の表情でオメガの前に仁王立ち。オメガは石井の髪を引っ張ろうとするも、坊主頭のため失敗。逆に石井がオメガにショルダータックルをぶち込み、仲間もろとも5人全員を吹き飛ばした。

 その石井をオメガがフランケンシュタイナーで場外に叩き落とし、プランチャを浴びせる。オスプレイ、飯伏もプランチャで続き、リング上は矢野と裕二郎を残すのみに。ここがチャンスと、ピンプジュースで仕留めにかかった裕二郎だったが、上手く切り抜けた矢野は、剥き出しになったコーナーの金具に投げつけると、最後はローブローからの横入り式エビ固めでまんまと3カウントを奪い取った。

 試合後、オメガと石井は再び視殺戦を繰り広げると、オスプレイと飯伏も距離を取って視線を交錯させた。





コメントを残す