ティファニー、新作「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を発表 – 時事通信

Home » ブランド » ティファニー » ティファニー、新作「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を発表 – 時事通信
ティファニー コメントはまだありません



[ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク]

2017年のコレクション発表から、売上利益の100%を野生動物保護のために寄付することを誓約

ティファニーは、新たなデザインによって刷新された「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」を発表いたします。ゾウに加えて、ライオンとサイのデザインが新たに仲間入りし、コレクションの幅が広がりました。野生動物保護ネットワーク(Wildlife Conservation Network)、並びに絶滅危機に瀕しているアフリカの野生動物を救うために活動している革新的なファンドをサポートすることを使命としています。
ペンダントチャーム(18RG) 各¥79,000(税抜き)

エレファントチャーム(SS×18RG) ¥59,000(税抜き)

持続可能な発展と環境保護へのティファニーの継続的取り組みの一環として、「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」の売上利益の100%が、絶滅が危惧されているゾウ、サイ、ライオンの保護活動のサポートにあてられます。ティファニーは、商品に使用されるダイヤモンドやジェムストーンの多くの原産地であり、ダイヤモンドのカッティングや研磨の工房があるアフリカ大陸の環境保全を特に重視しています。

ティファニーは、#KnotOnMyPlanetキャンペーンに賛同して2017年にコレクションを発表してから、密猟や不正取引の撲滅、象牙の需要縮小を目指す活動をサポートする寄付金として、2018年4月までに当初の保証額の2倍以上にあたる200万ドル超の資金を集めました。その結果、野生動物保護ネットワーク傘下のECF(エレファント・クライシス・ファンド)はパートナーたちと力を合わせ、中国と香港における象牙国内取引禁止に向けて活動を展開しました。このたび新たなチャームを投入することで、人々の問題意識を高めると同時に、絶滅危惧種の野生動物や環境の保護に必要とされる資金面での援助を継続して行ってまいります。

ティファニーのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのアニサ・カマドリ・コスタはこのように述べています。「ティファニーは180年以上にわたり、自然界の美しさからインスピレーションを得てきました。だからこそ、私たちには自然を保護する倫理的義務があるのです。野生動物保護ネットワークの重要な取り組みを通じて、野生動物保護のサポートができることを光栄に思います」

スターリングシルバーと18Kローズゴールドを使用した新作「ティファニー セーブ ザ ワイルド コレクション」のチャームは、2018年9月15日より限定店舗およびオンラインでお買い求めいただけます。

ライオンチャーム(SS) ¥33,000(税抜き)
サイチャーム(SS) ¥33,000(税抜き)

企業プレスリリース詳細へ (2018/09/14-23:01)





コメントを残す