高嶺の花に手が届く!? 憧れの“ジュネーブ御三家”の一角【ヴァシュロン … – GetNavi web (ブログ)

Home » ブランド » オーデマ・ピゲ » 高嶺の花に手が届く!? 憧れの“ジュネーブ御三家”の一角【ヴァシュロン … – GetNavi web (ブログ)
オーデマ・ピゲ コメントはまだありません



時計の本場スイス・ジュネーブで260年以上も歴史を閉ざすことなく腕時計を作り続けてきたヴァシュロン・コンスタンタンが、2018年に超戦略モデルを発表しました。その名も「フィフティーシックス」。いよいよ9月から取扱店での入荷が始まった話題作の魅力を、じっくり吟味してきました。

あの“マルタ十字”が130万円台で手に入る!?

ヴァシュロン・コンスタンタンは、パテック フィリップ、オーデマ ピゲとならび、“ジュネーブ御三家”とも称される時計界の最高峰ブランド。愛好家にとって、憧れの存在です。もしご存知なかった方は、バセロン・コンスタンチンって知ってる? とお父さんに聞いてみてください。きっと、「なんや、家やクルマよりも腕時計を買うんかいな!?」と驚かれることでしょう。

それぐらいのステータス性をもったブランドですから、同社のタイムピースを手にいれるには「ボーナスで狙う」とか、そんなレベルの話ではなかったのです。そう、いままでは……。

ヴァシュロン・コンスタンタンが発表した「フィフティーシックス」は、2018年1月に行われたジュネーブ国際高級腕時計展(=SIHH)でデビュー。ブランドの名に相応しい作り込みでありながら、オートマティックのステンレススチールモデルが税込130万円台という超戦略プライスで話題を呼びました。

その後、夏に全国各地で行われたワールドウオッチフェアでもかなりの反響があったそうです(ヴァシュロン・コンスタンタン担当者談)。ただ、このブランドはトータルの製造本数がかなり限られているので、9月に入荷が始まったといっても発表された全モデルを店頭で見せてもらうのはかなり難しそう……。というわけで、ヴァシュロン・コンスタンタンのオフィスに押しかけ、フィフティーシックスを見せていただきました。

Print Friendly, PDF & Email
TAG





コメントを残す