カナダ発の“プレミアム スエット”「レイニング チャンプ」が玉川高島屋S・Cに期間限定オープン – WWD JAPAN.com

Home » 有楽町 » カナダ発の“プレミアム スエット”「レイニング チャンプ」が玉川高島屋S・Cに期間限定オープン – WWD JAPAN.com
有楽町 コメントはまだありません



 サザビーリーグは、カナダ発のスエットやカットソーをメーンとするメンズブランド「レイニング チャンプ(REIGNING CHAMP)」のポップアップショップを10月4~30日、玉川高島屋S・C南館2階にオープンする。同ブランドのフルラインがそろう他、会場限定のアイテムも販売する。

 「レイニング チャンプ」は、2007年の創業以来、“RESPECT THE DETAILS,MASTER SIMPLICITY(細部に敬意を表し、シンプリシティーの達人となれ)”をブランド理念に掲げ、デザインや素材、縫製に至るまで、自社によるメード・イン・カナダにこだわったアイテムを製作。代表アイテムのスエットは、クオリティーと着心地の良さから“プレミアムスエット”と称され、アクティブなライフスタイルを送る人々から支持を得ている。扱いが難しいとされる4本針のミシンを使用し、頑丈な作りと着心地の良さを持ち合わせたモノ作りが特徴だ。サザビーリーグでは、ロンハーマン(RON HERMAN)で13年から取り扱っており、同店に集まるファッション感度の高い顧客からも高い人気を誇り、常に売り上げ上位ブランドに入っている。18-19年秋冬コレクションからサザビーリーグが独占販売権を取得し、本格展開する。

 ポップアップショップでは、スエットアイテムに各都市のロゴを入れた海外直営店のみで展開するコレクション“シティーパックプログラム(CITY PACK PROGRAM)”を販売する。本国カナダの直営店でしか手に入らない“VANCOUVER”のロゴが入ったアイテムの他、“TOKYO”バージョンもラインアップする。“TOKYO”バージョンはロンハーマンの有楽町店、辻堂店、大阪店、名古屋店でも販売する。スエットが2万円、パーカが2万2000円。

 なお、10月6日14時~、本館1階グランパティオで、メンズファッション誌「オーシャンズ(OCEANS)」の太田祐二・編集長とモデルの三浦理志が「レイニング チャンプ」の魅力について語る参加無料のトークショーを開催する。

 「レイニング チャンプ」は現在、カナダのバンクーバーとトロントに2店舗ずつ、3月にオープンした米LAの計5店舗を構えており、今後は日本での直営店出店を進めていく予定だ。





コメントを残す