高島屋大阪店 地階西ゾーン 10月8日(月・祝)リニューアルオープン – オピ・リーナ

Home » リニューアル » 高島屋大阪店 地階西ゾーン 10月8日(月・祝)リニューアルオープン – オピ・リーナ
リニューアル コメントはまだありません



2018年10月9日 09時49分(最終更新 2018年10月9日 09時50分) 情報提供:

「くつろぐ、楽しむ、発見する。」
 書籍をキーアイテムに全体が連動し、知的好奇心を刺激するフロアに。
関西初のロボット専門店や全国初のスウィーツブランドも登場。

高島屋大阪店 地階西ゾーン
10月8日(月・祝)リニューアルオープン

株式会社高島屋は、高島屋大阪店(大阪市中央区)の地階西ゾーンを増床・改装いたします。大阪・なんばエリアでは、駅周辺活性化策の進行や、ホテル・商業施設の開業ラッシュなどランドスケープが大きく変わりつつあり来街者の増加も予想されます。こうした変化を見据え、なんば駅地下通路を通るお客様や近隣のオフィスワーカーを戦略ターゲットに、書籍をはじめ知的好奇心を刺激するアイテムや、生活を豊かにするロボット、食などを楽しめるショップを複合的に揃えてリニューアルします。また営業時間を拡大し利便性を高めるとともに、カフェや共有スペースなど憩い・集いの場を新設することで、魅力ある館づくりを推進し、新しいなんばのまちづくりに寄与してまいります。

[画像1]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/150_89_201810081908135bbb2c8d7daf9.jpg

◆エントランス
導入部を明るく開放感ある仕様へ変更し、視認性を向上しました。またコルトン装飾、デジタルサイネージで、店内情報を発信し、奥への誘導促進を図ります。

地階西ゾーン改装の概要

コンセプト:「くつろぐ、楽しむ、発見する。」あなたの新しいを発見する「いつもの場所」。

フロアゾーニング:書籍をキーアイテムに全体が連動展開し、知的好奇心を刺激するフロアに
(1)書籍・文房具 知的好奇心をくすぐる書籍やステーショナリー、雑貨に注目。
(2)カフェ 多くの来街者との新たなタッチポイントとしてカフェを新設。
(3)ロボティクススタジオ 「ロボットと人が共生する新たな暮らし」を提案するショップが関西初登場。
(4)スウィーツ 話題の人気ブランドや全国初登場ブランドがニューオープン。
(5)グローサリー&生活雑貨 食品と生活雑貨の新たなライフスタイルショップが大阪初登場。
(6)共有スペース 地階西ゾーンで購入した飲食物や書籍を自由に楽しめる場を新設。

営業時間:地階西ゾーンは午後9:00まで、スターバックス コーヒーは午前7:00~午後10:30まで
(参考)大阪店の基本営業時間 午前10:00~午後8:00 週末(金)・(土)は午後8:30まで

面 積:なんばスカイオ賃借部への増床後 約1,200m2 ※増床前は約630m2

ショップ紹介
(1) 書籍・文房具 計510m2
[画像2]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/300_176_201810081908135bbb2c8d7daf9.jpg
〈丸善〉[画像3]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/150_113_201810081908305bbb2c9ec35b6.jpg

知的好奇心をくすぐる書籍ラインナップはもちろん、ステーショナリーや雑貨のセレクトにも注目。豊かな生活、教養・知識への欲求、ファミリーとの時間、仕事へのバイタリティ、あなたのライフスタイルを創造・演出いたします。

○ブック(書籍) 約260m2
30代オフィスワーカー女性のライフシーンを想起するジャンルを強化展開します。母親の側面から「児童書」(絵本・科学読み物・図鑑・プログラミングなど)、ニーズの高い「旅行」、「グルメ」、立地特性にあわせて「雑誌」はファッション、ビューティー、エンターテイメント、カルチャーなどバリエーション豊富に取り揃えます。
○ステーショナリー(文具・雑貨) 約250m2
近隣のオフィスワーカーを取り込むべく「デスクアクセサリー」や、「文具女子」に代表される女性ニーズの高い「デザイン文具」も充実させました。またカスタマイズ志向に対応し、オーダーノート・手帳などを新たに品揃えしていきます。

(2) カフェ  約210m2
※営業時間 朝7:00~午後10:30
〈スターバックス コーヒー〉
多くの来街者とのタッチポイントとして、新たにスターバックス コーヒーを導入します。高品質のアラビカ種コーヒー豆から抽出したエスプレッソがベースのバラエティ豊かなドリンクやペストリー、サンドイッチをお楽しみいただけます。オフィスワーカーに人気の多彩なスペシャルティ・コーヒーを楽しみながら、自宅・オフィスに次ぐサードプレイスとしてゆっくりお過ごしいただける環境を提供します。また、ご家庭でもお楽しみいただけるようコーヒー豆やコーヒー抽出器具、マグカップなども多数ご用意いたします。

(3) ロボティクススタジオ  約60m2  ※関西初登場
「ロボットと共生する新たな暮らしの提案」をコンセプトに、コミュニケーションやエンターテインメント、癒しやケア・サポートを提供するロボットやIoT製品をご提案します。最新の機能や技術を有した未知の商品との出会いを丁寧なコンサルティングと実機体験やイベントでサポートし、暮らしを豊かにする新たな価値を感じることができる生活スタイルを提案します。ロボティクススタジオは新宿店に次ぎ2店舗目で、関西では初登場となります。

○コミュニケーション型
会話を主としたふれあいにより、癒しや心の豊かさを体験できるロボット。見守り機能が付いたものも。

○ライフスタイル型
家事の時短や利便性向上をサポートするロボットやIoT製品。スマートウオッチやAIスピーカーも充実。

世界初の全自動洗濯物折りたたみロボット。乾いた洗濯物を入れるだけで人工知能が衣類の特徴を認識し、ロボットアームが衣類に最適な折りたたみを行います。
〈セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ〉ランドロイド 1台 1,998,000円(予価)~※ご予約承りのみ。

○エンターテインメント型
走る・踊る・飛ぶなど進化した技術を持つ、こどもから大人まで楽しめるロボットやIoTホビー。

発表から1週間で動画再生回数が1000万を超えた、しっぽのついたクッション型セラピーロボット。撫で方によってしっぽの振り方が変化し、動物のように癒してくれます。
〈ユカイ工学〉Qoobo(クーボ) 12,960円(予価) ※ご予約承りのみ。お渡しは、10月16日以降になります。

(4) スウィーツ 計約65m2
トレンドが目まぐるしく変化する洋菓子カテゴリーでは、常に新しい美味しさを提供できるよう、行列ができる話題の人気店や、注目を集める「北海道スウィーツ」ブランドを全国で初めて導入します。

〈プレスバターサンド〉 約15m2 
東京で人気の、クリームとキャラメルを使用したバターサンドクッキー専門店が高島屋大阪店に登場。「まっすぐ作る、まっすぐ伝わる」をコンセプトに、より良い原料を使い、しっかり手間をかけて、これからのお菓子を追求し続けた新しい美味しさをお届けします。
[画像4]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/300_225_201810081908305bbb2c9ec35b6.jpg

余分な材料は使わずバター本来の風味を生かしたこだわりのクッキー。最適な味のバランスを追求したクリームとキャラメル。クッキーは「はさみ焼き」で焼き上げることで食感と風味のベストバランスを実現しました。
プレスバターサンド(5個入)1,001円

〈グッドモーニングテーブル〉 約50m2 ※全国初登場
注目が集まる「北海道スウィーツ」にフォーカスしたブランドが高島屋大阪店に初登場。北海道ならではの素材の良さを最大限生かすため、できる限りシンプルな素材を使用した「おやつ感覚」で楽しめるオリジナルスウィーツを提案します。
[画像5]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/300_200_201810081908345bbb2ca28d938.jpg

「生クリームをいかに美味しく味わってもらうには」をコンセプトに開発されたバーガーは、製法にこだわった生クリームにマスカルポーネを合わせ、北海道十勝のジャージーミルクを使用したオリジナルジャージーミルクジャムをトッピング。北海道産の数種の小麦をブレンドした口溶けの良いパンが、生クリームの美味しさをさらに引き立てます。
生クリームバーガー 1個 378円

(5) グローサリー&生活雑貨 約260m2
〈AKOMEYA TOKYO〉(アコメヤ トウキョウ) ※大阪地区初出店
食料品グローサリーをはじめ生活雑貨など、トータルにライフスタイルを提案する「AKOMEYA TOKYO」が大阪地区に初出店。店内で販売される食品や調味料、器などを使ったメニューがその場で食べられるイートインを併設したグローサラントを展開します。

○グローサリー
「一杯の炊き立てのごはんから、つながり広がる幸せ」をテーマに厳選した全国のお米や調味料、ごはんのお供、お菓子、ドリンクなど、様々な食品が揃います。また、オリジナルお弁当の販売、その場で出来立てをお召し上がりいただけるイートインスペースもございます。
○生活雑貨
「上品な佇まいを感じる暮らし」を提案する雑貨は、食器やキッチングッズをはじめヘルス&ビューティーラインやアパレルグッズまで、利便性だけでなく一日の暮らしを彩る洗練されたグッズを取り揃えております。
○お客様の知的好奇心を刺激するフェアやワークショップ
季節ごとに魅力的な商品を提案するフェアやデモンストレーションイベントなど学びの機会を創出し、新しい発見につながるイベントも定期的に開催していきます。

(6)共有スペース
[画像6]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/300_208_201810081908555bbb2cb74f09e.jpg
[画像7]https://digitalpr.jp/simg/327/29198/300_218_201810081909145bbb2cca9344b.jpg

地階西ゾーンで購入した書籍や飲食物を自由に持ち込んでいただける共有スペースを全体に配置しました。憩い・集いの場としてだけでなく、書籍をキーアイテムに地階西ゾーンの各売場を連動させることで、新しく楽しい情報を発信し、知的好奇心を刺激します。
共有スペース席数:約60席  地階西ゾーンの席数合計:約130席(共有+専有)

※価格は税込にて表記しております。

ご参考  
7階グランドホール・催し会場 10月3日(水)拡張オープン
大阪店7階のグランドホール・催し会場をなんばスカイオ賃借部に増床し、面積はこれまでの約1.4倍にあたる2,200m2と大きく拡張しました。既存部と増床部はフラット接続し、新グランドホールと催し会場の一体活用により、「編集力」×「集積力」を発揮したスケール感ある催事展開を実現します。会場内主要導線幅の拡幅により、新グランドホールへの回遊がしやすくなり、ストレスなくお買い物いただけます。

お問合せ先:
 高島屋大阪店 06-6631-1101(代表)

このページは、配信会社から提供された企業や団体等のプレスリリースをそのまま掲載しています。
内容に関するお問い合わせは、各情報配信元までお願いします。





コメントを残す