楽天LIFULL STAYとデベロップ、 コンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の 開発・販売において業務提携 – ニコニコニュース

Home » 有楽町 » 楽天LIFULL STAYとデベロップ、 コンテナ型宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の 開発・販売において業務提携 – ニコニコニュース
有楽町 コメントはまだありません



楽天グループの民泊事業会社である楽天LIFULL STAY株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役太田、以下「楽天LIFULL STAY」)とコンテナ建築(注1)を中心に施設管理や建築事業を行う株式会社デベロップ(本社:千葉県市川市、代表取締役岡村 健史、以下「デベロップ」)は本日、楽天LIFULL STAYが提供する民泊・簡易宿所向けのブランディングおよび運用代行サービスRakuten STAY」のサブブランドであるコンテナ宿泊施設「Rakuten STAY VILLA」の開発・販売において業務提携することに合意しました。

「Rakuten STAY VILLA」 イメージ画像

Rakuten STAY VILLA」 イメージ画像

本提携により、デベロップは、楽天LIFULL STAYが監修を行う「Rakuten STAY VILLA」のデザイン・設計・施工を担い、同施設の販売代理店として、不動産オーナーへの営業活動を行います。なお、本日10月12日より、不動産オーナー向けに同施設への申込受付を開始します。建築用コンテナモジュール2個以上を掛け合わせた施設を1戸として、最低注文受付数は原則3戸からになります。「Rakuten STAY VILLA」は、土地の形状や用途に応じてデザインしやすい建築用コンテナモジュール活用したコンテナ宿泊施設で、複数の同施設とテラスプールなどで構成される予定です。「Rakuten STAY VILLA」の宿泊施設としての運用代行については楽天LIFULL STAYが担います。

Rakuten STAY VILLA」は、スクエア形状の建築用コンテナモジュールを各施設に使用しているため、不整形地においても、自由な施設の配置、組み合わせが可です。建築用コンテナモジュールを掛け合わせた複数の部屋で構成される一軒タイプに加え、露天風呂や屋外ジェットバスプールを備えた宿泊施設まで、条件や用途に合わせて施設を建築することができます。また、外や屋根などの施工を了した状態で出荷することにより、一般的な在来工法(注2)より大幅な工期の短縮を実現します。コンテナ建築は、移設・増設・再利用が容易なため、サステナブル(持続可)な次世代建築として、注を集めています。「Rakuten STAY VILLA」の1号店は2019年頃、沖縄県宮古での開業を予定しています。

楽天LIFULL STAYは、2017年11月に「Rakuten STAY」の提供を開始し、今回の「Rakuten STAY VILLA」のほかにも、戸建宿泊施設やホステル、ガレージハウスといった宿泊施設のタイプサブブランドを発表してきました。多様な旅行者のニーズに応え、宿泊施設選びをより容易にするため、今後も様々なサブブランドを展開していく予定です。

楽天LIFULL STAYとデベロップは今後も、建築用コンテナモジュール活用した施設開発を促進し、不動産オーナーおよび旅行者双方のメリットの最大化を図ってまいります。

(注1) 規格化した部材を工場生産し、現地にて建築用コンテナモジュールを組み合わせることをします。

(注2) 「木造軸組工法」とも呼ばれ、 土台、柱、梁桁・筋かいなどの軸組で建物を支える工法のこと。

■「Rakuten STAY」について

Rakuten STAY」は、民泊・簡易宿所の運営希望する法人・個人を含む不動産オーナーに対し、楽天が「Rakuten STAY」ブランドを貸与し、楽天LIFULL STAYが、導入のコンサルティングから施工、清掃などの運用まで、委託会社の協を得て一括して運用代行を行うサービスです。利用者は「Rakuten STAY」を導入した施設に宿泊すれば、どこでも一貫したコンセプトに基づいた設備、アメニティグッズの利用や付帯サービスを受けることができるようになります。民泊を利用したことがないお客様も安心して民泊や簡易宿泊所を利用してもらえる環境を整えることで、宿泊・民泊市場全体の拡大をしています。

■「Rakuten STAY VILLA」(ラクテン ステイ ヴィラ)

デザインクリエティブディレクション:株式会社デベロップ

                    株式会社グリフォン

設計・施工・販売      :株式会社デベロップ

ブランディング(ブランド貸与):楽天株式会社

運用代行          :楽天LIFULL STAY株式会社

構造            :ラーメン構造

階数            :地上1階建もしくは地上2階建

定員            :4名~8名 ※各戸により異なる。

な施設・設備詳細     :

– シャワールーム、トイレ、キッチン、冷蔵庫

 ダイニングテーブルテラス駐車場、寝室設備

 (人数分の寝具を用意 ※例:4名部屋の場合 – ダブルベッド2台または

  ダブルベッド1台およびシングルベッド2台など)

オプション洗濯機ルートップバルコニー、BBQテラスBBQグリル

 露天風呂、屋外ジェットバス、屋外共用プール、屋外共用テラス

■不動産オーナー向けお問い合わせ

https://www.dvlp.jp/lp/rakutenstayvilla/

株式会社デベロップ

所在地   : 千葉県市川市市川1丁4番10号 市川ビル8F

代表者   : 代表取締役 岡村 健史

事業内容  : 不動産開発、建築業、ホテル業、エネルギー事業、

        トラクルーム事業など

設立年  : 2007年2月

ウェブサイトhttps://develop-group.jp/

楽天LIFULL STAY株式会社

所在地   : 東京都千代田区有楽町一丁10番1号 有楽町ビル3F

代表者   : 代表取締役 太田

事業内容  : 民泊に関するプラットフォーム事業など

設立年  : 2017年3月

ウェブサイトhttps://www.rakutenlifullstay.co.jp/



「Rakuten STAY VILLA」 イメージ画像



コメントを残す