築地市場移転で「都政がネズミの大移動をアシスト」している! 専門家が指摘…銀座がスーパーラットの“一大居城”に – TOCANA

Home » 銀座 » 築地市場移転で「都政がネズミの大移動をアシスト」している! 専門家が指摘…銀座がスーパーラットの“一大居城”に – TOCANA
銀座 コメントはまだありません



 銀座が“ネズミの居城”になりそうだ。長年、都民の食卓を支えてきた築地市場(東京都中央区)が6日に営業を終え、豊洲新市場(東京都江東区)に移転した。同時に始まったのは解体作業。頭の痛い問題は築地に巣食った1万匹以上とも言われるネズミの駆除だ。住みかを奪われたネズミが別の場所に大移動するのは自然の摂理。危険なのは築地から約1キロほど離れた銀座エリアや新橋などの繁華街。そこで東京都は3200万円の予算を組み、今年5月から定期的にネズミの駆除作戦を敢行し、これまで1773匹を駆除してきたと胸を張るが…。専門家によれば「都がやっている駆除方法は逆効果。むしろネズミの流出をアシストしている」というから、シャレにならない。

 市場にいるネズミは主に2種類。穀物や野菜を食べるクマネズミと、雑食のドブネズミだ。捕獲に使うのは「粘着シート」「ネズミ捕りかご」「毒エサ」の3つ。侵入口を塞ぎ、これらを場内に張り巡らせることで、ネズミの流出を阻止する算段だが、これら3つは戦後から変わらぬ“お約束グッズ”。時は平成、来年には新たな時代に突入するのに、大丈夫なのか?

「厄介なのはドブネズミよりもクマネズミ。警戒心が強い上に賢い。粘着シートは避けて通るし、築地のクマネズミは殺鼠剤に耐性のある『スーパーラット』がほとんど。ところが、都は即効性のある毒ではネズミが警戒して食べないことを想定し、今回の毒エサには弱めの『ワルファリン』という薬剤を使っている。これではスーパーラットには全く効果がない」(同)

 加えてネズミは年に5~6回出産し、1回の出産でドブネズミは10匹前後、クマネズミは5匹程度の子を産む。生後わずか3か月で繁殖することが可能だ。

「東京都の駆除作戦では焼け石に水。ネズミが罠に引っ掛かるのを待つやり方は、駆除ではなく、ネズミを建物外に退去させるのを目的としている。つまり都のやっていることは、ネズミの外部流出をアシストしているんです」とは社会部記者。





コメントを残す