シチズンマシナリー 旋盤加工、残材8割減 – 日本経済新聞

Home » ブランド » シチズン » シチズンマシナリー 旋盤加工、残材8割減 – 日本経済新聞
シチズン コメントはまだありません



自動旋盤大手のシチズンマシナリー(長野県御代田町)は、旋盤加工時に使い切れず残ってしまう残材を8割減らす新技術を開発した。残材と新しい部材を摩擦により接合し、使えるようにする。異なる金属同士も接合でき、新たな部品製造にもつながるとみている。

自動旋盤のうち「主軸台移動形」は細長い部品などの加工に向き、時計部品の加工を源流とするシチズンが得意としてきた。自動車部品や医療用機器、家電など様々な製品加…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す